2018年06月27日

国内ブリーダー産フクロモモンガ ベビー入荷情報 

国内ブリーダー産のフクロモモンガ入荷情報です。

まずはノーマルベビー。
♂2匹います。

IMG_9975.jpg

2匹仲良く丸まってます

IMG_9976.jpg
次はモザイクベビー。
♂3頭です。

下は2月脱嚢のベビー

IMG_9058.jpg

下の2頭は
4月脱嚢です

IMG_01421.jpg


いつも通り、
皆、ブリーダーさんが
よく馴らしています。

只今、ブリーダー価格で
ご提供中です

ホームページより
お問合せください。

posted by カメレオン・ハート at 22:38| 和歌山 ☁| Comment(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

バシリスクと怪物

グリーンバシリスクの
かわいいCBベビーが入荷しましたので
このイグアナ科の魅力的なトカゲにまつわるお話を1つ。

IMG_0075.jpg

グリーンバシリスクの名前は
私たち日本人には少々馴染みの薄い
「バジリスク」なる空想上の怪物に由来します。

グリーンバシリスク自身にとっては
はた迷惑なお話ですが、
図鑑などでお馴染みの
あの変わった風貌から
この名が付けられたことは間違いありません。

このバジリスクなる怪物に関する記述は
なんと古代ローマ時代にまで遡ります。

古代ローマの博物学者プリニウスの博物誌には
こんな一説があります。

「バジリスクはキュレナイカ(アフリカ北部)に産する蛇であり、
その長さは12指を越えない。
頭に王冠の形をした斑紋があり、その鳴き声はあらゆる蛇を逃走させる。
他の爬虫類のように身体をうねらせて進むのでなく、
身体の前半分を直立させて進む。
接触すればもちろん、その吐く息がかかっただけでも
あらゆる灌木が死に絶え、草が燃え上がり、石が砕けてしまう。
それほど毒の力が強いのだ・・・・」

グリーンバシリスクの命名者は
他のどのトカゲよりも大きく、変わったクレストを持つこのトカゲに
美しさより不気味さを覚えたんでしょうね。

怪物の汚名を着せられた気の毒なトカゲ、
グリーンバシリスク。

もちろん毒はないので
ご安心ください。


posted by カメレオン・ハート at 04:40| 和歌山 ☔| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

水面を走るトカゲ

水面を走るトカゲとして
一躍有名となった
グリーンバシリスクのCBベビーが入荷しています。

IMG_9994.jpg

幼体は画像の通り、
のっぺりとしていますが、
成体のオスには
頭部と背中に
あの印象的な大きなクレストが発達し、
まさに空想上の怪物バシリスクの名を冠するにふさわしい
風貌となります。

IMG_9990.jpg

この魅力溢れる
強烈な個性のトカゲを
ベビーから育ててみませんか?

posted by カメレオン・ハート at 04:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

リクガメとバスキング 基本のお話

ヘルマンリクガメは現在、
安心サイズのベビー、
雌雄確定のヤングサイズなど
いろいろおります。

IMG_8046.jpg

ヘルマンリクガメ♂
ヘルマン♂2.jpg

ヘルマンリクガメ♀
ヘルマン♀3.jpg

とても飼いやすいヘルマンですが、
他のリクガメ同様、
飼育する上で大事なポイントを1つだけ上げるとすれば
やっぱりバスキングですね


バスキング(Basking)=日光浴


ではバスキングが必要なのはなぜ???


その答えは・・・

@リクガメは草食動物である。

A草食動物は植物に含まれるセルロースを分解するのに
消化管内の微生物の力を借りている。

Bこの微生物が働くのに
35℃〜40℃くらい必要である。

という3段論法で
その答えが導かれます。


漠然と暖めるのでなく、
明確に意味がわかれば
バスキングの設備や温度設定や照射時間で
あまり悩まなくて済むのではないかと思います。

posted by カメレオン・ハート at 05:04| 和歌山 ☔| Comment(0) | リクガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ノシファリー交配時の体色

昨日は
ノシファリーの交配を行いました

IMG_9940.jpg

交配中、メスはすぐに体色を変化させましたが、
同じくオスも上の画像の通り
くすんだ色に変化。

興奮時、
鮮やかな発色をすることの多いパンサーのオスですが、
逆に暗色に変化することもありますね。

そして、交尾を済ませたオス

IMG_9948.jpg

また元のパウダーブルーの明るい地色に
戻りました。

このオスはまだ若い個体ですので、
これから成長とともに
パウダーブルーとホワイトのメリハリが出て、
その上に鮮やかなレッドのドットをトッピングしたような
美しい体色に変化していくのではないかと思います。


posted by カメレオン・ハート at 03:38| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシファリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

ブルー血統ノシベ2018CB

おなじみのブルー血統ノシベの
2018CBが到着しました。

IMG_99181.jpg
IMG_9925.jpg
IMG_9912.jpg
IMG_9914.jpg

ノシベのみこだわって
繁殖されているブリーダー産です。

ブルーの♂1頭飼育するもよし、
ペアで繁殖を狙うもよし、
楽しみの多いノシベです


posted by カメレオン・ハート at 03:49| 和歌山 ☔| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

ハートマークのノシミチオ ハッチ♪

昨日、パンサーカメレオン ノシミチオが
ハッチしました。

このブログで何回か登場している
ハートマークのノシミチオのベビー第1号です

IMG_98741.jpg
IMG_9876.jpg

♂親はカメレオンハート生まれの
お腹の真ん中にハートマークのあるミチオです

IMG_9497.jpg

イエローに変化すると
ハートマークは消失します

IMG_7331.JPG

♀親は
同血統ではなく、EUCB。
下は交配シーンです

IMG_7455.JPG

ベビーにも
ハ−トマークが遺伝するのかどうか???

その前に
ちゃんと大きく育ってくれたら・・・


posted by カメレオン・ハート at 09:09| 和歌山 ☔| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

ゴールデンテグーの日常

下の画像のどこかに
ゴールデンテグーのベビーが隠れています。

さあ、どこでしょう?

IMG_9824.jpg

答えは動画をどうぞ〜


ゴールデンテグーは
土を厚く敷くと毎日潜って眠ります。

ケージのライトが消えると
決まってみんな姿が見えなくなります。

灯り点くとすぐに起きだし
消灯とともに
規則正しく
お行儀よく床に就くテグーたち。

見倣わなければ・・・

posted by カメレオン・ハート at 04:16| 和歌山 ☀| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする