2017年07月31日

宇宙を旅した虫

現在、爬虫類・両生類・小動物のエサとして
大活躍のシルクワームですが、
かつて宇宙を旅したことがあることを
ご存知の方も多いと思います。
ただし、カイコの幼虫ではなく卵ですが・・・

カイコの卵.jpg

カイコの宇宙旅行は
1997年のスペースシャトルを皮切りに
宇宙放射線の影響を調べる研究の一環として
数回行われたようです。

カイコの卵が宇宙での実験生物に選ばれるには
それなりの訳があります。

それはまず第一に
「小さいこと」。
1万個持って行っても
たったの数gです。

もうひとつ重要なのは
カイコの卵は
「眠ること」。

卵は5℃に冷やすと約1年間、
0℃では約2年間も眠りながら生き続けるそうです。
つまり、卵の状態のまま長期間の宇宙実験が可能なのです。
こんな生き物はおそらく他にないんでしょうね。

「天」の「虫」と書いて「蚕」。

蚕はまさに天(宇宙)の「虫」となることを
その生まれから運命付けられていたのかもしれませんね。

posted by カメレオン・ハート at 02:24| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

レッドテグーなど

なにかとバタバタで
まだカートにもUPできておりませんが
少し入荷がありましたので
ご紹介します。


まずは
ベタ馴れレッドテグー
IMG_6361.JPG
IMG_6359.JPG

こんな大きな爬虫類と
一緒に暮らせたら
いいなあ・・・
と心から思わせてくれるテグーです。

尻尾の先がチョイ尾切れで
爪1本飛んでいましたので
格安で出したところ
即日売約となってしまいました。


お次は
メラウケアオジタトカゲのペア。
IMG_6356.JPG
IMG_6350.JPG
IMG_6353.JPG
こちらもベタ馴れで
ペア同居可能。
もうじきペアリングOKか?
という感じです。
ぜひブリード目指して欲しいペアです。


そして
ボールパイソンの
モハベ♂とhetデザ−トパイボールド♀
IMG_6365.JPG
IMG_6363.JPG


それから
ヘビの王様、
カリフォルニアキングスネーク。

まずは
クレイジー♀
IMG_6371.JPG

もう1匹
バンデッド♂
IMG_6375.JPG

どちらも
2015CBです。

ぜひ店頭へ
見にお越しくださいね



続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 10:29| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

クレスの産卵

先日、クレステッドゲッコーが
産卵しました。

動画は
産卵後、土の埋戻し作業中の♀です。



卵は基本
1回の産卵あたり2個ですが、
2個同時に産まないことが多いようです。

下の画像を見ていただくと
上の卵は数日前に
土中に産み落とされたことがよくわかります。

IMG_6283.JPG

地表から3〜5cmくらいの深さの場所に産み隠されるため
産卵に気付かないことがよくあります。

卵が干からびてしまわないように
日頃から
土は適度に湿らせておかなければなりませんね。


ベビーの顔を見る日が
楽しみです

posted by カメレオン・ハート at 01:55| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

グッドサイズのトランスルーセント♀

なかなか出回らない
ヤング〜アダルトサイズのフトアゴヒゲトカゲ♀が2頭入荷しました。


トランスレザーバック・オールブラックアイ♀(ヤングサイズ)

IMG_6297.JPG


トランスルーセント・オールブラックアイ♀(もう時期繁殖OKサイズ)

IMG_6304.JPG

どちらも
かなり赤みの強い個体です。

繁殖に向けて
♀をお探しの方にぜひ


posted by カメレオン・ハート at 02:10| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フトアゴヒゲトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

W産卵

昨日、
パンサーカメレオンのサンバーバとレッドアンビローブが
同時に産卵しました。

IMG_6284.JPG

上はサンバーバの卵

いびつな形の卵が多く
かなり怪しい感じはしますが
とりあえず回収して保管しました。


下はアメブル血統の
レッドアンビローブの卵

IMG_6289.JPG

こちらは
まずまずいい感じです

卵を産み終わって
ほっとした表情のアンビ

IMG_6287.JPG


下は産卵後、
身軽になったサンバーバ♀

IMG_6286.JPG

2クラッチ目に期待ですね。

posted by カメレオン・ハート at 02:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

マソアラのフル発色

一瞬だけ見せてくれた
パンサーカメレオン マソアラのフル発色の画像です。

まずは発色前
IMG_6061.JPG

そして発色時
IMG_6135.JPG

ドキリ
とするような発色だったので
慌てて動画を撮影


マソアラは大型パンサーなので
迫力がありますね。


posted by カメレオン・ハート at 10:17| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン マソアラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

七夕と蚕

今日は七夕。

この曇り空ですから
残念ながら
織姫と彦星は見られそうにありませんね。

織姫は「ベガ」、
彦星は「アルタイル」、
そしてあまり馴染みのない白鳥座の「デネブ」の3つを繋げたのが
実は夏の夜空に燦然と輝く
「夏の大三角形」です。

七夕伝説の生まれた中国では
「彦星」は農業に適した時期になると明るくなるので、
農耕を司る星として、
そして、同じ時期に天の川を挟んで明るくなる「織姫」を
養蚕(ようさん)や糸・針の仕事を司る星と考えるようなったようです。


th.jpg


ここで七夕伝説って何だったっけ?
ということでちょっとおさらい

 「その昔、織姫と呼ばれる機織の上手な姫と、彦星と呼ばれる牛飼いの若者が居ました。
2人は出会って直ぐに恋に落ち、結婚して幸せに暮らしていました。
しかし、2人で一緒に居る事ばかりに気を取られ、仕事をしなくなってしまいました。
 それに怒った空の神様が、二人の間に大きな川を作りました。
離れ離れになった二人は一生懸命に働いて、一年に一度だけ会うことを許される様になりました。」

悲しい恋のお話ではありますけど
実は仕事をサボった2人が
罰を与えられた・・・
というのが七夕伝説のストーリーなんですね。

七夕伝説から読み取れるのは
古代中国において「農耕」と「養蚕」がいかに重要な産業であったか
ということです。

「男は農耕」
「女は養蚕」
に追われる日々。
ついサボりたくなるのも
わからないでもありませんね


シルクワームの飼育に疲れたら
ちょっと外へ出て
夏の大三角形を見上げてみましょう

でも今日は曇りで
見えませんが。

posted by カメレオン・ハート at 09:36| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

梅雨とカメレオン




kako-h6bE4NCDkQTq40eq.gif

雨もまた楽し♪

2017梅雨

posted by カメレオン・ハート at 07:18| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花とカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

期待のサンバーバ交配

同じ個体でも
これだけの変化をみせてくれるサンバーバです


IMG_6183.JPG
13.jpg

昨日、このWCの♂と
カメレオン・ハートで昨年ブリードした
秘蔵っ子の♀とを交配させました。

IMG_6178.JPG
交配後
体色をすぐに変化させた♀

IMG_6180.JPG

体の左側には
よく見ると
マークの刻印が・・・

1498950893TgKr7FXC3Z2xmyi1498949492.gif

マークのサンバーバベビーの顔を
果たして見ることができるかどうか・・・・???


posted by カメレオン・ハート at 08:12| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする