2016年12月30日

ヘルメットを被ったヤモリ

ヘルメットゲッコーがやって来ています。

恐竜のようなゴツゴツしたボディに
不自然にデカいヘルメットみたいな頭がくっ付いているという
不思議な体形。

アニメの主人公にでも出てきそうなキャラです。

♀2-2.jpg
イノシシの子供のウリ坊に見た目が似ていることから
「ウリボーゲッコー」なんて不名誉な流通名を
付けられていた時期もあったそうな。

ペア1.jpg

ペアで仲良くお昼寝中。

ペア2.jpg

とっても愛されキャラな
ヘルメット君たちです♥


posted by そらりく at 09:41| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

コノハカメレオンが入荷しました。

木の葉に擬態することで有名な
コノハカメレオンが入荷しています。

今回はコノハの中でも
スペクトラルコノハカメレオン。

4.png

3.png

30p水槽があれば
十分飼育できます。

床にヤシガラ土など
保湿性の高い床材を敷き、枝組をします。

地面を這うことが多いので
浅い水入れを置いた方がよいでしょう。
たまに飲みます。

エサは小さなコオロギかシルクワームを与えます。

小さなカメレオンの飼育を楽しみませんか?^^

posted by そらりく at 09:37| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コノハカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

コキンメフクロウが入荷しました。

昨年も一度入荷したコキンメフクロウが
また今年もやって来ました

CB.png


コキンメは小型のフクロウで
とっても飼いやすく人気種です。

性格も活発で
ちょこまか遊ぶ姿は見ていて飽きません。

お隣のフクロウカフェCountry Owlでも
手に乗せてもらう回数ではNo.1

2017年は酉年!
ワクワクのフクロウライフを始めてみませんか?


posted by そらりく at 22:55| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コノハズク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

最速産卵

先日、ちょうど生後5か月目で交配を行った
レッドアンビローブ ペアの記事をブログに書きましたが、
今日、無事産卵に至りました。

12月5日交配ですから
ちょうど2週間目を迎えた日の産卵です。

画像は埋戻し作業終了時の♀↓

♀産卵.jpg

つまり、
今回、生後5か月と2週間目の産卵ということで、
パンサーは生後、半年に満たなくても
卵を産むことがわかりました。

もちろんカメレオンハートでは最速です。

下の画像は
土の一番下に産み付けられた卵↓

産卵.jpg

もしこの卵たちがちゃんと有精卵で
うまく半年後にベビーが生まれてくれれば
1年という時間を待たずに
2世代のベビーの顔を見られることになります。

また1つ楽しみが増えました^^


posted by そらりく at 23:38| 和歌山 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

年の瀬のヤモリ

この季節にしかほぼ入ってこない
マダガスカルのあのヤモリが
今年も入荷しています。

♀2.jpg

ヤマビタイヘラオヤモリ。

苔むした感じまで
見事に擬態する
なんとも愛すべきヤモリです。

♂2.jpg


この平たい尻尾を見ると
ああ、今年ももう終わりだなあ・・・
と気づかせてくれるヤモリでもあります。


♀3.jpg


さあ、いよいよ慌ただしい
年の瀬ですね〜

posted by そらりく at 08:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

アンキフィ・ペア

アンバンジャに近いロケーションに生息するパンサーですが、
アンバンジャとはまた一味違う発色が魅力的なアンキフィです。



♂5.jpg
♂3.jpg
♀.jpg

繁殖を狙うには打ってつけの
状態のよいワイルドペアが
入荷しています。

来年はアンキフィ・ベビーを!
という方、一度お店に見にお越しください^^


posted by そらりく at 03:30| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンキフィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

アンビローブ♀も

パンサーカメレオン アンビローブの♀たちも
いい感じで育ってきました^^



♀.png

この血統は
バーがレッドになる美しいアンビです。

別血統のアンビローブやワイルドの♂と掛け合わせて
面白いアンビの作出を狙ってもいいかもしれません。

ローカリティの中では
かなりバラエティ豊富なだけに
他のローカリティとは違う楽しみ方も
できるアンビローブですね。


posted by そらりく at 09:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

最速ペアリング

今年の7月6日生まれですから
ちょうど生後5か月目の12月5日に交配を行った
Amazing Blueレッドアンビローブ血統のペアです。


♂.png

♂は体格はすでに十分アダルトですが、
発色はまだまだ。
♂親の目に染みるようなレッドになる日が
楽しみです。


下は交配前の美しいオレンジと
交配後の妊娠色に変色した♀の画像↓

♀.png
♀2.png

生後5か月でのパンサーのペアリングは
うちでは最短記録。

うまく有精卵を持ってくれるかどうか
わかりませんが
かなり期待したいところです。


posted by そらりく at 03:27| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

競争のない生き物

カイコという昆虫は
非常にお行儀がよいというか
平和的な生き物であるという点、
なかなか興味深い生き物です。

他の生物であれば
エサに群がって
押し合いへしあい
他者を蹴散らし、奪い合った末、
勝った者が自分の食いぶちを確保するのが普通ですが、
カイコに限っては
そういう行動はほとんど見られないし
もちろん共食いも一切なし。

弱肉強食とは
対極の世界で生きているように見えます。


L5.png

競争のない世界で生きるカイコ。

これは5000年もの間、
人間に飼いならされ、
エサは常に目の前に与えられて来た末の結果であることは
間違いないですね。

この性質は
「爬虫類のエサ」としては
これほどありがたいものはありません。
なにしろ飼育の管理がとてもしやすいので。

こんな超優良なエサ昆虫のカイコですが、
哀しいことに
「生物」としてはもはや自力で生きていく意思と能力を
完全に失ってしまっています。
人間に飼われなければ
自分の命をつなぐことも
子孫を残して行くこともできません。

競争のない世界は理想に見えて
やはりユートピア(どこにもない世界)なんですね。
いや、唯一カイコだけに許された世界かも?

ということで
哀しくもいとおしい
おカイコさんのお話でした。


大きいサイズのL(4p前後)から
小さいサイズSS(5mm~)まで
現在、全サイズのシルクワームが揃っています。
ぜひご利用ください。

最後は宣伝です(笑

続きを読む
posted by そらりく at 03:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

クレスペアリング

同居させていたクレステッドゲッコーが
昨日、気が付くと交尾していました。

交配.png

時間にして約30分。

来年はぜひクレスの赤ちゃんの顔も
見てみたいものです


posted by そらりく at 09:21| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする