2016年11月30日

レオパ特集本新刊

REPFANのVol.2が出ました!

REPFAN.png

今回はレオパ特集です。

REPFAN2.png

モルフについての
最新情報満載。

その他、ふくろうやイグアナの飼育についての
コーナーもあります。

ハチュファン必見です!

posted by そらりく at 08:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

ベタ馴れフクモモ

毎度、ベタ馴れのベビーを
育てていただいているブリーダーさんのところから
またまたやって来ました!
フクロモモンガの男の子。

ノーマル.png

10月10日脱嚢だそうです。

ノーマル1.png

ほんとうによく馴れていて
かわいいです

ノーマル2.png

この時期からの育成は
とっても楽で
しかもベビーのかわいらしさを
存分に味わえます。

ぜひお店に
見にお越しください



posted by そらりく at 09:27| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ノシミチオベビーを目の前にして思うこと

パンサーカメレオン ノシミチオのベビーズが
いい色を出し始めました。

♂3.png
♂4-3.png
♂2.png

考えてみれば
マダガスカルの西海岸の沿岸に浮かぶ
ほんの小さな島のノシミチオから、
国内外の多くの人の尽力により
この日本の地にワイルド個体がやって来て、
そして
ローカリティのしっかりした♂♀同士を
ブリーダーさんがタイミングよく交配させ、
長期間の卵の管理の末に
ベビーが誕生・・・

さらに
誕生後は毎日の飼育とケア・・・

今、目の前にいるこのベビーたちは
それらに関わったすべての人の思いと行為の結晶であることを考えると
本当に感動すら覚えます。

ある意味、
この時代と
この日本の整ったインフラ(交通、電力、市場の存在など)
のお陰でもありますし、
さらに言えば
すべての幸運の積み重ねでもあります。
実は奇跡に近いことなんですね。

せっかくのありがたい「奇跡」が
今手元にあるわけですから
カメレオン・ハートでは
血統を絶やすことのないよう
ブリードを目指す方々と連携して
次世代に引き継いで行ければと思います。


posted by そらりく at 09:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

エメラルドツリースキンク

英名のエメラルドツリースキンク
と言った方が
そのエレガントさがよく伝わるミドリツヤトカゲです。
3.png


今回の入荷は
ソロモン産。

ツヤツヤとグリーンに輝くボディと
色抜けし、ドット模様が入る後ろ脚が特徴です。

1.png

樹上性なので
レイアウトケージで飼育すると
見た目もgood

4.png

意外に人馴れしやすく
ピンセットからエサを食べたりします。
脱走には注意ですけど。

涼しげな目元に
知性を感じる
一度飼育してみたいスキンクですね^^


posted by そらりく at 08:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

大きいサイズのシルクワーム 事前ご予約について

大きいサイズのシルクワームL(3.5p〜)
育成に大量のエサとかなりの飼育工数が掛かるため
なかなかショッピングカートに載せることができず
ご迷惑をお掛けしております。

そこで今後
ある程度計画的にご提供するため
Lサイズ(3.5p〜)のシルクワームに限り
事前ご予約をお受けすることにしました。

ご希望お届け日の10日前までに
ご予約いただくためのカートをご用意しましたので
ご希望の方はこちらよりお申込みください↓↓↓

ご予約の可否とお届け予定日等について
1両日中にご返事いたします。

L4.png

数量にも限りがありますし、
なにぶん生き物であるため
育成状況によって
必ずしもご要望に添えない場合が出てくるかと思いますが
とりあえずご要望をお知らせいただけばと思います。

カメレオン・ハートの
プリプリのシルクワームをご利用いただければ幸いです。

L6.png

posted by そらりく at 01:03| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

逆子


通常、頭からハッチするカメレオンですが、
下の画像は
尻尾の方から這い出ようとする
パンサーカメレオン・サンバーバ ベビーです↓

.逆子png.png

大丈夫かな?
と心配していましたが、
時間をかけて
なんとか脱出に成功しました。
よくこの状態で
自力で卵から出てきたなあと思います。

.逆子2png.png

逆子はこれまであまり記憶にありません。

うまく育ってくれるといいのですが・・・


posted by そらりく at 08:12| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

無精卵は吉

先日、ノシベが
初産で無精卵をバラマキ産卵しました。

無精卵.png

無精卵の場合、
土中に産まず
軽くバラマキすることが結構ありますね。

無精卵排出は
子孫を残すための本番の産卵の
予行演習みたいな位置付けなのでしょう。
♀の身体への負担も少ないようです。

ブルーノシベ♀.png

無精卵をバラ撒いたあと
平然として普段と何ら変わりない♀。

将来の有精卵産卵へ向けての
第1ステップを順調にクリアです^^

posted by そらりく at 09:09| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

飼育スタイルいろいろ

カメレオンの飼育スタイルは
飼い主さんのこだわりや
ご家庭の環境、生体の個性などにより
いろいろですね。

アンバンジャ.png

上の画像は
先日遊びに連れて来ていただいた
パンサーカメレオン・アンバンジャ。

飼育スタイルは
「放し飼い」だそうです!

毎日の運動量がすごいせいか、
太り過ぎず、やせ過ぎず
スタイル抜群!!

ワイルド個体ですが
よく飼い馴らされていて
まさにコンパニオン・カメレオン!
という感じでした^^

基本的な飼育条件はあるとは言え、
飼育スタイルは必ずしも「こうでなければ」
というのはないと思いますので、
これからカメレオンを飼ってみたいという方は
それぞれの工夫とアイデアで
飼育にチャレンジしてみては
いかがでしょうか?


posted by そらりく at 03:29| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンバンジャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

カイコは眠る

毎日数千匹のシルクワームのお世話をしていますと
いろいろ気付くことがあります。

下は3令の2頭のカイコです。
上のカイコと下のカイコの違いが何かわかりますか?

カイコ.png


上のカイコは頭が小さく
下のカイコは頭が大きい。

実は上のカイコは眠っていて(いわゆる「眠」)、
下のカイコは眠から覚めた状態です。

カイコは眠から覚めると脱皮して
頭も身体も大きく成長して行くのですね。

カイコは古事記にも登場する
日本人とも非常に所縁の深い昆虫。
人間に飼い馴らされて
既に5000年の歴史があるとも言われます。

5000年の歴史。
じっとして動かない「眠」のカイコは
人とともに暮らしてきた
はるか昔の記憶の夢でもみているように見えます。

posted by そらりく at 09:40| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

収穫の秋〜パンサーカメレオン・ベビー〜

レッドアンビローブ
レッドバーアンビローブ
サンバーバ・・・
秋を迎えて
カメレオン・ハート産パンサーカメレオン・ベビーの
ローカリティが徐々に揃いつつありますが、
ブリーダーさんのところからも
すばらしい状態のベビーがやってきています。

ノシミチオ.png
ノシミチオ♂2−4.png
ノシミチオ♂3−1.png

♂親を当店よりお迎えいただき
ブリードに成功したノシミチオです。

発色はまだ始まったばかりですが
将来がとても楽しみなベビーズ。

バランスよく♂・♀揃ったようで
今ならペア取りもOK。

カメレオン・ハートでも
この血統の次世代ブリードを狙う予定です。

今年の秋は
いつにもまして豊作になりそうです^^


posted by そらりく at 00:42| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする