2016年09月28日

【動画】シルクワームを食べるパンサーカメレオン・ベビー

生まれて3日目のアンビローブに
幼齢のシルクワームを与えているシーンです。


カメレオンに限らず
ベビーはなるべく高栄養の生きエサを与えて
速く大きくしてあげるのが育成のコツですね。

ベビーの捕食のしやすさという点でも
シルクワームは本当にありがたい性質を持った昆虫だと
つくづく思います。
posted by そらりく at 08:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

ヘビの王様

「カリキン」の略称でファンの多い
カリフォルニアキングスネークのアルビノが入荷しています。

IMG_2984[1].jpg

淡いイエローのバンデッドが
とても美しいベビーです。

ガラガラヘビでも食べてしまうことで
「キングスネーク」と名付けられたという逸話で有名な種ですが、
ベビーを見る限り、コーンスネークとなんら変わりのない、
「王様」というにはあまりにも大人しく、かわいらしいヘビです。

IMG_3016[1].jpg

カリキンにしろ、コーンにしろ
拒食がほとんどなく、飼育に悩むことが少ない点、
コンパニオンアニマルとして
まずお勧めしたいヘビですね^^

続きを読む
posted by そらりく at 08:56| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

レッドアンビローブ・ベビー メスのみ販売開始

Amazing Blueのレッドアンビローブをオス親に持つベビーの
メスのみ販売スタートしました。
(オスは残念ながら今のところ数が少なく、全て売約済みです。)

レッドアンビ♀2.jpg

画像の通り、
メスもすでに「赤い」感じがします。
気のせいかもしれませんが・・・

下の画像は交配時のもの。
一発で決めてくれました^^↓

レッドアンビ交配.jpg

発色の具合を確認するためと
カメレオン・ハートで次世代のブリードを狙う目的で
一番成長の早いペアはキープしています↓

レッドアンビ ペア2.jpg

なかなか都合よく、思い通りには行かない
カメレオンのブリードですが、
だからこそ
かくも面白きカメレオンのブリードです。

真っ赤な遺伝子を
次世代アンビに取り込みたい方にお勧めのベビーです♪

posted by そらりく at 01:58| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

2クラッチ目が先にハッチ

真っ赤なアンビローブの2クラッチ目の卵から
気が付くと今日1匹だけハッチしていました。

2クラッチ目は
4月17日産卵ですから
予定より1か月ほど早く卵から出てきたベビーです。

IMG_2967.JPG

1クラッチ目の卵がまだ全部ハッチしておらず
2クラッチ目のことはほとんど気にしていなかったので
ちょっとビックリ。
危うくベビーを干からびさせてしまうところでした。
気が付いてよかった^^
やっぱり卵のチェックは大事ですね。

IMG_2968.JPG

レッドアンビ血統の卵は
結局2クラッチしか採れなかったうえ、
その2クラッチ目は
残念ながらほとんどが無精卵でしたので
虎の子のベビーです。

なんとか大きく育ってくれたらいいんですけど・・・

続きを読む
posted by そらりく at 22:48| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

セイブシシバナヘビの面白行動

擬死行動で有名な
セイブシシバナヘビ。

擬死行動とは
いわゆる「死んだふり」のこと。

IMG_2906.JPG

上の画像で面白いのは
「生」を象徴する「食」と
「死」を象徴する「硬直」を同時に体現していることです。

ピンクマウスを咥えながら
「オレは死んでるぞぉ!」と必死に主張している
セイブシシバナヘビさん。

パンを咥えながら死んだふりをする人間同様、
少々滑稽な光景ですが、
健気なまでの生の姿を
目の当たりにしてくれたセイブシシバナヘビに
愛おしさすら感じます^^


posted by そらりく at 09:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

黒光りするヤドク

マダラヤドクガエルのキャピラです。

体色には地域変異がありますが、
キャピラはブラックが体のほぼ90%くらいを占める
黒光りするヤドクです。
残り10%はブルーグリーンの模様が入ります。

動画はキャピラが
シルクワームを食べるシーンです↓


マダラヤドクガエルは
性格が臆病で隠れ家に隠れがち・・・
という解説の記述も一部見られますが、
キャピラに限ってはかなり陽性ですね^^
ピンセットからどんどん食べてくれます。

ハワイのオアフ島にはマダラヤドクガエルが
蚊を駆除するために人為的に移入されたらしいです。
確かにこの勢いで食べてくれたら
蚊取り線香要らずですね^^

それにしても
いろんなことをやりますね~アメリカ人は・・・

続きを読む
posted by そらりく at 03:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

桑の葉シーズンの終わり

今年も大変好評をいただきました
カメレオン・ハートの「50℃洗い桑の葉」ですが、
早くもシーズンオフが近付いて来てしまいました。

20150712_92a574.jpg

今回入荷分か
採れても次回分で終了となります。

9月も後半になると
どうしても葉っぱが固くなったり、
黄色くなったりして
販売に耐えうる
大きく柔らかく青々とした品質の葉っぱの確保が難しいためです。

今年の夏は特に猛暑だったせいもあって
秋風を感じるようになったことに
心から喜びを感じるのですが、
桑の葉の変化に
夏の終わり特有の
一抹の寂しさを感じるこの頃です。

posted by そらりく at 08:39| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

テリビリスフキヤガエルの捕食シーン

イエローが美しい
テリビリスフキヤガエルの捕食シーンです↓
シルクワームを食べています。


テリビリスフキヤガエルは
その体色の鮮やかさのみならず、
体長60mmにもなると言われているほど大きく、
非常に見栄えのよいカエルです。

あまり物怖じしない性格もあって
ビバリウムでその姿をいつも見ることができる点もgood!

猛毒があるんじゃ?
なんてちょっとドキドキのスリル感も
個人的には好きです^^
(もちろん繁殖・飼育下の個体は無毒であります!)


posted by そらりく at 07:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

本日6日(火)の営業時間のお知らせ

本日、9月6日(火)の
営業時間についてのお知らせです。

都合により
下記の時間はお店がクローズとなります。

【クローズ】14:00~16:00

11:00~14:00
16:00~18:00
は平常通りオープンしております。

ご迷惑をお掛けしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0389.JPG


posted by そらりく at 02:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

レッドアンビローブ・ベビー育成中

Amazing Blueの
レッドアンビローブを♂親に持つベビーの
飼育ケージ内の様子です↓


エサは現在シルクワームのSSサイズをメインに
たまにフタホシのピンヘッドを
天網の上からパラパラと撒いてあげます。

キラキラと光る
満天の星?を見上げるように
舌を伸ばすベビーたちの姿を眺めるのは
なかなかいいもんです♪
続きを読む
posted by そらりく at 05:08| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする