2016年06月05日

ノシミチオの大きな卵

先日、ブリーダーさん所有のオスと
交配させたパンサーカメレオン ノシミチオが
昨日無事に産卵しました。

今回は交尾から15日目という
スピード産卵でした。

IMG_1567[1].jpg

産卵の速さもさることながら
今回は卵の大きさにビックリ。
通常の1.5倍ほどの体積があるでしょうか?

IMG_1569[1].jpg

卵が大きいと
さすがに数は少なくなるようで、
総数18個。

早速ブリーダーさんと
山分けしました(笑

ノシミチオのCB化計画が
着々と進んでいます。



続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 08:13| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ソロモン諸島のオオトカゲ

ソロモン産のオオトカゲ、
マングローブモニターが入荷しています。

漆黒の肌に
無数のイエローの斑点が入る
非常に美しいモニターです。
性格も穏やかでハンドリングも全然OKです。

IMG_1538[1].jpg

このマングローブモニターのことを調べてみて
意外にも日本人と繋がりが深いオオトカゲであることを
今回初めて知りました。

時は第2次世界大戦のさなか。
病原菌を媒介するラットの駆除を目的として
マングローブモニターは日本兵士によって
当時の日本支配下にあったミクロネシアの島々へ
持ち込まれたのだそうです。
今でもその子孫の個体群が
グアムなどで見られるとのこと。

マングローブモニターにしてみれば
非常にはた迷惑なお話ですが、
戦時下の日本兵士にとっては病気から守ってくれる
益獣だったわけですね。

ソロモン諸島の争奪をめぐる戦いでは
ガダルカナル島の戦いが有名。
この戦いにおける日本軍の死傷者24,000名、
アメリカ軍の死傷者6,000名。
日本軍はガダルカナル島での戦いに敗北し、
以後戦況は悪化の一途をたどって敗戦へと
転がり落ちて行った・・・

第2次世界大戦とマングローブモニター。

今、目の前にしているモニターは
日本軍と連合軍の激しい戦いを目の当たりにし、
そして生き延びた個体群の子孫ということになりますね。





続きを読む
posted by カメレオン・ハート at 05:05| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

休業曜日変更のお知らせ〜よりご利用いただきやすくなります!〜

カメレオン・ハートは
これまで毎週月曜日と水曜日に
お休みをいただいておりましたが、
6月より休業日は基本月曜日のみとなります!

エサが切れたのに店が開いてないなど
これまでご迷惑をおかけしていたかと思いますが、
少しご利用いただきやすくなります。

なお、月曜日が祝日の場合は営業いたします。
また、都合によりその他の曜日でもお休みをいただく日も
出てくるかもしれませんので、
遠方よりお越しの方は
ホームページの「今月の休業日」欄を
事前にご確認いただければ幸いです。

今後ともカメレオン・ハートを
よろしくお願いいたします!

posted by カメレオン・ハート at 09:51| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする