2015年07月28日

カーペットカメレオン・ベビーの変化

下の画像は6月5日ハッチ時の
カーペット・ベビーです

IMG_0005.JPG

9日後の6月15日。
既にうっすらとイエローの発色が見られますね

IMG_0119.JPG

15日後の6月20日。
しっかりとカーペットの模様が出ています。
体色はイエローから薄いグリーンに変化し始めました↓

IMG_0138.JPG

そして50日後の7月25日。
全身グリーンに!

1IMG_0053.jpg
IMG_0015.JPG
IMG_0014.JPG

七変化のカーペットカメレオンは
これから驚くべき発色を見せてくれるのですが、
それは今後のお楽しみです!


posted by カメレオン・ハート at 21:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カーペットカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

エボシの成長スピード

初心者向きカメレオンとして知られる
エボシですが、
確かに「状態のよい」エボシは
本当に飼育しやすく、
「カメレオンは飼育が難しい」というひと昔前の定説(?)が
「神話」であることが体験できると思います。


IMG_0054.JPG

元気なエボシの成長スピードは半端なく、
いつもお店にいらっしゃるお客さんが
1週間でグ〜ンと成長しているベビーに
ビックリされることも多いです。

逆にかわいいベビーサイズの期間が
短すぎて残念って方もおられるくらいですね^^

今回入荷のベビーたちも
見るからに状態抜群^^
かなり育ったサイズですので
1ヶ月もするとヤングサイズに「育ってしまう」でしょう(笑

人気のブルー系です。

posted by カメレオン・ハート at 03:48| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

ノシミチオ産卵後

パンサーカメレオン・ノシミチオの
産卵後の動画です↓


卵を産んだ痕跡を残さないように
周囲を気にしながら
一生懸命、健気に埋め戻しと整地作業をしています。

今回が3クラッチ目の産卵。
かなり身を削っているようで
若干あばらが浮いていますね。

産後2日間ほどはぐったりと疲れ果てた印象でしたが、
現在、シルクワーム等の栄養価の高いエサと水分補給、
そして体力を落としている際に発症しやすい感染症予防の投薬を行うなど
産後のケアを行った結果、
かなりいい感じで回復して来ています。
もしかしたら
貯精で4回目に突入なんて可能性もなきにしもあらずです。



posted by カメレオン・ハート at 21:58| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

サンバーバ 交配シーン

1ヶ月ほど前までは
完全拒否モードだったサンバーバの♀が
昨日はすんなり受け入れてくれました。



IMG_0110.JPG

♂を♀のケージに入れると
1分と経たないうちに
速攻交尾。


IMG_0114.JPG

♂は元々やる気満々でしたので
♀のOKサイン待ちでした。


IMG_0115.JPG

交配後、
♀は手のひらを返すように
とたんに豹変して
この状況↑

慌てて逃げ出す♂。
微笑ましいというか、
ちょっと気の毒というか・・・^^;


posted by カメレオン・ハート at 04:12| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン サンバーバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

時代の寵児 パンサーカメレオン

マダガスカル島の面積は58.7万Ku。
日本列島が37.8万Kuですから
決して小さな島ではありませんが、
それでも日本列島の約1.5倍ほどの陸地の中で
10数種類(未確認のものも含めると20種類くらい?)も地域変異のあるパンサーカメレオンは
かなり特殊な部類の爬虫類であろうと思われます。

例えて言うなら
北陸産とか北九州産とか佐渡島産とか小豆島産とかで
体色や模様が全く異なる同種のカナヘビが生息するようなものですから・・・

IMG_0337.JPG

たくさんのカラーやデザインの中から
自分の好みにあった商品を選ぶことが当たり前になった現代人の目線から見れば
この多種多様なローカリティを持つパンサーカメレオンという生物は
まさに時代の寵児と言えるでしょう。
IMG_0328.JPG
IMG_0340.JPG

この時代の寵児のパンサーカメレオンの各ローカリティが
いつでも店のケージに百花繚乱の如く並んでいる・・・
というのが当店の夢なのですが、
現状はなかなかそううまく行っていません。

でも店内繁殖とブリーダーさんとの連携で
きるだけCB化しつつ、
色とりどりのパンサーたちがいつでも選び放題という夢に
向かってチャレンジしたいと思います。


画像は最近入荷したアンバンジャのペア。
タマタブ・ペアも入っています。
カメレオン・ハートで繁殖してもよし、ブリードを目指す方が繁殖してもよし、
いずれにしてもワクワクすることに変わりはありません^^

posted by カメレオン・ハート at 09:09| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンバンジャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

コノハ穴掘り産卵

先日の日曜日、
コノハカメレオンの産卵シーンに出くわしました。

それだけならいつもと変わらない光景ですが、
今回は深さ2cmくらいの穴を自ら掘って
産み付けていました。
IMG_0253.JPG
IMG_0255.JPG

掘り起こしていないので
正確ではありませんが
産み付けられた卵は確認できただけで4個。
たぶんコノハの1回の産卵数としては
多い方でしょう。


IMG_0280.JPG

面白かったのは♀親が無事産卵後、
丁寧に埋め戻し作業をしている光景を見ることができたこと。
コノハは産みっぱなしが多いですからね。

こんな小さな体で
掘った土をすべて元通りの状態に整地して
見事に卵を隠してしまいました。
ほんとうにご苦労さま^^

次の興味は
果たしてベビーが2cmの深さの土の中から
無事這い上がることができるかどうか・・・?

約2ヶ月後のお楽しみです♪



posted by カメレオン・ハート at 21:40| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コノハカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

桑の葉通販【期間限定】ができるようになりました。

5月〜10月の期間限定ですが、
カメレオン・ハートでもようやく
桑の葉を安定的に通販できる体制が整いました^^

IMG_0170.JPG

当店の桑の葉は
群馬、大阪、京都の広域ネットワークの
関係者の方々のご協力とアイデアをいただき
下記のような特長があります。


【特長その1】
50℃洗いパックで長持ち
(冷蔵庫保管で約3週間は新鮮なまま!)

※50℃洗いとは・・・?
植物は50℃で洗うことで気孔が開き、水分を吸収する力が増し、
みずみずしさがよみがえることがわかっています。
また食材の劣化を促進させる酸化物が
減少することが研究で証明されていて
保存性も上がるということになります。
今回この技術を桑の葉に応用しました。

IMG_0287.JPG


【特長その2】
1枚1枚キレイに洗浄しているので、
いちいち洗わずすぐに使用できますグッド(上向き矢印)


【特長その3】
柔らかい葉っぱのみ摘んでいますので、
生まれたてのシルクワームにも使用できますひらめき


【特長その4】
ジップロック包装なので
コンパクトに発送および冷蔵庫収納ができます

※店頭及び通販でお買い求めいただけます。
詳しくはホームページをご覧ください


posted by カメレオン・ハート at 02:19| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

アンビローブ スピードハッチ

昨日、アンビローブがハッチしました。

生まれたばかりのベビーたちは
なんとも不安げで頼りない表情をしていますね。

IMG_0245.JPG
IMG_0247.JPG
今回、先発隊は6ヶ月より2週間も早く
卵から出て来ました。
これはある温度管理が原因の1つと考えられますが、
経験上、ハッチの早い・遅いは
その後の成長になんら影響はないように思います。
ただ、早いハッチって
管理上はとっても助かりますけどね^^

posted by カメレオン・ハート at 00:34| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

爬虫類に詳しい動物病院

星の数ほどある動物病院ですが、
爬虫類をちゃんと診てくれる病院は
ごくごく限られますね。

そのごくわずかな動物病院が
幸運なことにカメレオン・ハートから
車で5分くらいのところにあります。

2f854f_e601a5448683495ba0c49ccb1aedfe91_jpg_srz_p_396_296_75_22_0_50_1_20_0.jpg

和歌山県岩出市にある
つるかめ動物病院さん。

ドアを開けて中に入ると
受付横のインドホシガメのひめちゃんが
患者さんたちをのんびりとお迎えしてくれます。

IMG_0086.JPG

そして爬虫類にとても詳しい女医さんが
やさしく生体を診てくれます。
わたくし、そらりくが太鼓判を押す
一流の腕前の獣医さん。

特にワイルド・カメレオンの寄生虫対策なんかも
とても経験豊富なので安心してお任せできます。
定期的な検便をしてもらうと
病気の予防にとても効果的なのでぜひお勧めです^^

当ブログの左側にリンクを貼っておきましたので
何か困ったときは
クリックしてみてください。


posted by カメレオン・ハート at 22:37| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

ハイクオリティ・フトアゴベビーズ

ブリーダーさんのところから
ハイクオリティなフトアゴベビーズがやって来ています。

♂親は当店出身の
トランスルーセント・レザーバックレッド・クリアネイル・オールアイ。
朱色がべったり乗った美しい個体でした。

♀親は
トランスルーセント・レザーバックイエロー・オールアイ・クリアネイル・タイガー。
舌を嚙みそうな品種ですが、
かなり楽しみな掛け合わせです。

IMG_0208.JPG
IMG_0221.JPG
IMG_0214.JPG


タイガーの形質も
しっかり出ていますね。

ブリーダーさんが手塩に掛けて
育てたベビーズをぜひ見にお越しください!


posted by カメレオン・ハート at 00:47| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フトアゴヒゲトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする