2013年06月27日

擬態の話

ちょっと変わった生き物が昔から大好きなのですが、
エダハヘラオヤモリは「ちょっと」どころではない妙な生き物ですね。
すごく興味をそそられます。

このヤモリを観ていると擬態の不思議に
思いを巡らさずにはいられません。

003.JPG



「擬態」とは「似せてだます」生物の戦略のこと。
物の本によれば「擬態」を大きく分類すると
「標識型擬態」と「隠蔽型擬態」の2種類に分けられるそうです。


簡単に言うと「標識型擬態」とは
「偽情報を目立たせて相手に伝えようとする擬態」であり、
「隠蔽型擬態」とは文字通り、
「背景にまぎれるような偽情報で身を隠して
自分の姿を相手に悟らせないようにする擬態」
ということになります。

エダハヘラオヤモリがどちらに分類されるかと言えば、
当然「隠蔽型擬態」ですね。
尻尾を枯れ葉に似せることで身を隠す戦略です。

考えてみると、
この擬態には枯れ葉に見せかけることで
天敵をだまして身を守る「防御」の機能と、
だまされて近付いてきた昆虫を食べちゃうという「攻撃」の機能
の2つがあるように思えます。


028.JPG

ここでせっかくなので
カメレオンの擬態についても考えてみたいと思います。

カメレオンについての誤解で一番多いのが、
「カメレオンは背景色に体色を変化させ、同化することで身を隠す」
というものですね。


カメレオンは気分や体調の変化あるいは気温や湿度や光の変化で
体色を変えているだけであって、
背景色に合わせて色を変えることはできません。



でも、「だからカメレオンは擬態とは全く無関係の生き物である・・・」
と言い切れるかというとそうでもないような気がします。

コノハカメレオンのように
落ち葉の中に同化してしまうようなカメレオンもいますし、
パンサーカメレオンの♀のように茶色っぽい体色をして
木の幹と見分けが付きにくいのもいますよね。
これらは擬態の一形態と言ってもいいのかもしれません。


KycmHm06cF5cEFu1367241511_1367241530.jpg



一方で、わからないのはパンサーの♂。

体色を競い合うようにド派手に変化させて
めちゃくちゃ目立ってしまうわけですが、
これはどう考えても
先の「標識型擬態」にも「隠蔽型擬態」にも当てはまりません。
(そもそも似せる対象がない。)


派手な体色から『毒があること』を天敵に連想させて
食われないようにしているようには見えないし、
もちろん背景に同化して身を隠しているわけでもありません。

どうみても、「俺様はこんなスゴイ体色になれるんだぞ〜!」っと
オリジナリティを競い合っているようにしか見えないんですよね。
つまりパンサーの♂のローカリティごとの派手な体色変化は
「擬態」によって身を守ろうとしているものではなさそうです。

生物の世界は我々が考えるような
食うか食われるかという弱肉強食の食物連鎖下での生き残り戦略
という側面だけで説明のつくような
単純な世界ではないような気がしてなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



posted by そらりく at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオンの擬態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

葉っぱはどっち?

クイズです。

下の画像で
本物の葉っぱとヤモリの尻尾を見極めてください。
わかるかな〜?^^

002 (3).JPG

その答えは・・・?↓

004 (2).JPG

どっちも葉っぱでした〜^^

殴られそうなので
今度は真面目な画像を・・・↓
どっちが葉っぱ?
どっちがヤモリ?

葉っぱ.jpg


わかりました?
答えは↓

029.JPG

さすがの擬態ですね。
エダハヘラオヤモリ君^^
posted by そらりく at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

育児

010.JPG

母性本能くすぐるぅ〜
おっさんだけど〜

posted by そらりく at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

雨乞い

梅雨入り宣言後、雨が降りませんね。
今年は空梅雨なのでしょうか?
雨はうっとおしいのですが、
やはり降るべき時はちゃんと降ってくれないと
水不足や農作物などの影響が出てきて困りますよね。

こんな時の格好のネタがコレ↓

「カメレオンの頭と喉を樫の木の上で焼けば雨と雷を同時に誘発することができる。
カメレオンの肝臓を瓦の上で燃やしても同じ効果がある。」
(〜『私のプリニウス』澁澤龍彦〜より)

027.JPG

カメレオンにとってはなんともはた迷惑なお話ですが、
澁澤によれば、古代ローマ時代には
「カメレオンは暴風や雷雨を起こさせる力がある」
と考えられていたのだそうです。

ではなぜそんな力があると考えられたのか・・・?
それは『博物誌』第8巻第51章の中のこの一文に原因を見ることができると澁澤は言います。

『動物の中で飲んだり食ったりしないのはカメレオンだけで、
空気以外のものを口にしないのである。』

この迷信がカメレオンを「風の元素のシンボル」とし、
雨を呼ぶ呪術的存在に祭り上げた・・・・

016.JPG

もしこのまま雨が降らずに本当に困ったならば・・・
みんなでカメレオンに雨乞いを頼んでみてはいかがでしょう?
でもその時は決して樫の木の上で焼いたりしないでね^^;



posted by そらりく at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カメレオン面白雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

食糧貯蔵庫

014 (4).JPG

ヒョウモントカゲモドキのシッポは太くてかわいいですね。
画像の子はベビーなので、まだまだこれからですが・・・

このシッポ、食糧貯蔵庫のような機能を持っているらしく、
栄養を貯め込むことができるため
数カ月も何も食べずに生きていることができるそうです。
太いところが首と同程度なら順調と言われていますね。

面白いのはこの栄養を貯め込んだ食糧貯蔵庫を
いざとなれば惜しげもなく自切りしてしまうこと。
まさに背に腹は代えられないということですか・・・。
また生えてくるということを自分でもわかっているんでしょう。

一方で、カメレオンのシッポには栄養を貯め込む機能はなさそうに見えますが、
でも調子が悪く食べない個体は腰骨からシッポの付け根にかけて痩せていますね。
そういう意味ではシッポは栄養状態のバロメーターと言えます。

生物の種にかかわらず、尻尾はプリプリに越したことはないようで・・・


posted by そらりく at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする