2019年03月22日

ねこブーム

空前のねこブームなのだそうです。

飼育数は昨年、
既に犬を上回り965万匹。

昔から大のねこ好きの私にとっては
仲間が増えたようでなんだか嬉しい気分です

このねこブームはいつまで続くかはわかりませんが、
飼育数についてはある程度予測ができます。

ちょっと古いデータですが、
アメリカでは30%以上
ヨーロッパでは24%以上の家庭で
ねこが飼われているそうです。

一方、日本ではまだ10%をちょっと超えたくらい。

住宅事情から
さすがにアメリカ並みには増えなくても
おそらくヨーロッパ並みの20%超えまでは
ねこを飼う家庭が増えるのではないか?

つまり今の倍以上ですね。
ねこ様はペット業界をこれから
ますます潤してくれることでしょう。


さて、ねこをお取り扱いしていない当店ですが、
このねこなら販売しておりますよ(笑

ジャイアントネコメガエル(フタイロネコメガエル) ベビー

IMG_3752.jpg
IMG_3617.jpg

アダルトになると
最大12cmにもなる
ネコメガエルの中で最大種の樹上性カエルです。
通称ピーマン(笑

実物を見たことのない方は
想像しにくいと思いますので
5年ほど前にUPした動画をご覧ください


ねこを既に飼われている方は
もう1匹、カエルのねこはいかが?(笑


posted by カメレオン・ハート at 10:31| 和歌山 🌁| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

古風なトカゲモドキ

ゴマバラトカゲモドキ
久々に入荷しました。

IMG_3652.jpg

同じトカゲモドキの仲間の
ヒョウモントカゲモドキを見慣れた目から見ると
スリムなボディと長い手足に新鮮さを覚えます。

ではゴマバラとレオパでは
どちらが進化形か・・・?

2016年10月5日の記事をご覧ください

そう、実はレオパが進化形で
ゴマバラは古いトカゲモドキになります。

そういう目で見ると
ゴマバラの風貌はいかにも古風に見えてきますね。

IMG_3645.jpg

シルバーの地色に
淡いイエローの縞々模様。

さすが
長い長い時間を生き抜いて来た証のような
深みのある体色をしていますね。

美しいヤモリです。

IMG_3750.jpg

表情もグッと来ますね〜

ドイツCBです。

posted by カメレオン・ハート at 23:32| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

繁殖サイズのエボシペア

繁殖に最適サイズの
エボシカメレオン ペア
入荷しています。

まずは♂の動画から・・・


お次は♀


♂♀とも2017CB。

いずれもとても状態のよい
元気な美個体ですが、
♀は尾切れのため割引販売いたします。

繁殖に挑戦したい方
チャンスです

※売約いただきました。
ありがとうございました。
posted by カメレオン・ハート at 02:53| 和歌山 ☀| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

脱皮不全には・・・

乾燥の季節。
湿度に気を付けてはいても
脱皮の皮が一部残ってしまう生体が
出てくることがあります。

数日経てば自然に解消したり、
温浴させると効果があったりすることも多いのですが、
それでもどうしてもなかなか剥けないことがありますね。

特にヒョウモントカゲモドキなど
放置すると指が壊死してしまって
気が付けば手遅れ・・・
という悲劇も稀にあるお話です。


先日も
指先に脱皮不全を起こしてしまったレオパを
お客さまがお店に連れて来られました

IMG_3543.jpg
IMG_3541.jpg

なかなか手強そうな
4肢の脱皮不全です。

こんな時、
いつもお勧めしているのがコレ

IMG_3570.jpg

ZOOMEDのシェディングエイド


早速試していただいたところ・・・

IMG_3547 (1).jpg

うまくツルリと剥けてくれました
(レオパ君は怒ってますが^^;)


下は過去の
顔の脱皮不全の事例です

IMG_3567.jpg

スプレー後、
優しく指で皮を取り除きます

IMG_3569.jpg

さっぱりしました


イザという時には
強い味方となってくれる
お役立ちアイテムです

posted by カメレオン・ハート at 04:21| 和歌山 ☁| Comment(0) | 飼育アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

手のひらサイズのサバンナモニター

手のひらにちょこんと乗っているのは
サバンナモニターの赤ちゃんです。

IMG_3501.jpg

みんな毎日、元気に
コオロギを追いかけて食べています。

IMG_3503.jpg

すぐに大きくなってしまうので
ベビーの可愛らしさを存分に味わいたい方は
お早目に〜

20190228_72242a.jpg



posted by カメレオン・ハート at 22:31| 和歌山 ☁| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ゲイリーさんのトゲオアガマ

ゲイリートゲオアガマ
どうして「ゲイリー」なんだろう???
と思って調べてみると
やっぱり人の名前でした。

IMG_3412.jpg

ドイツの鳥類学者
Geyr von Schweppenburg
(1884年〜1963年)

ゲイリーは元々鳥類の研究が専門で
爬虫類は門外漢だったようですが、
鳥の羽根を集めに
サハラ砂漠3000kmを旅した際に
爬虫類、特にトゲオアガマにも興味を持ったのではないかと想像します。

そしてゲイリーは
初めてその標本をヨーロッパに持ち込んだ。

それにちなんで命名されたのが
ゲイリートゲオアガマです。

IMG_3423.jpg
IMG_3443.jpg

赤と黄色のカラフルな体色と
トゲトゲの太い尻尾を持ち、
ちょっとさえない表情をしたこの奇妙なトカゲは
鳥類学者をも魅了してしまった
ということかもしれませんね^^


posted by カメレオン・ハート at 05:57| 和歌山 ☀| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ティエルヒメカメレオン捕食シーン

ティエルヒメカメレオンです。

枯葉や小枝に擬態しているつもりの
とてもかわいい小さなカメレオン。

どこにいるかわかりますか?


真っ赤な口だけが
やたら目立ちますね^^;

SSサイズのシルクワームやコオロギを食べてます。


posted by カメレオン・ハート at 02:35| 和歌山 ☁| Comment(0) | ヒメカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

ゲイリートゲオアガマ

独特のフォルムで人気の
ゲイリートゲオアガマ
イエローとレッドが入荷しています。

IMG_3413.jpg
IMG_3458.jpg
IMG_3434.jpg
IMG_3459.jpg

「トゲオアガマ完全飼育ガイド」によると
トゲオアガマは
アフリカ北部からアラビア半島〜インド西部にかけての
砂漠地帯に棲息するトカゲですが、
見渡す限り砂ばかりの極限状態の砂漠ではなく、
イメージとしては
ゴロゴロと大小の岩や砂利が転がっていて、
低木や多肉植物がチラホラとまばらに生えているようなエリアが
彼らの故郷なのだそうです。

1年のうちわずかな期間だけ微量の雨が降る雨季があって
そのタイミングで
イナゴのような昆虫が大量発生することがあり
そんな時トゲオアガマは
喜んで昆虫たちを食べてお腹を満たすようです。

したがって
飼育下でのエサは基本野菜類ですが、
たまに昆虫類も与えると喜びます。

また立ち上げ時や食が細い場合は
コオロギなどがとても有効ですね。

なんとも言えない風貌と表情が面白い砂漠のトカゲ。

基本とてもおとなしく
多頭飼いも可能な本当に魅力的なトカゲです

IMG_3436.jpg


posted by カメレオン・ハート at 08:12| 和歌山 | Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

新発売商品のご紹介〜かわいいラベルの人工フード♪〜

爬虫類の世界の用品デザインは
だいたい機能優先のリアルなものが多いのですが、
今回お取扱いを開始した新商品の人工フードは
デザインがかなりイケてます

IMG_3395.jpg
IMG_3388.jpg
IMG_3401.jpg
IMG_3404.jpg

爬虫類・両生類用の人工フードです。

もちろんデザインだけでなく
機能・品質も折り紙つきです。

それぞれ含有成分が違っており、
昆虫成分(タンパク質)の多いもの、
フルーツの成分の違うものなど
バリエーションも豊富。

それぞれに170gと85gの2種類あります。

詳細はカメレオンハートのホームページをご覧ください。

従来品同様
飼育アイテムの1つに是非

posted by カメレオン・ハート at 22:04| 和歌山 ☀| Comment(0) | 餌の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

人類に最も貢献した虫?

シルクワームが
極上のジャンボサイズに仕上がっております。

今週の土日は
Lサイズ価格にて販売いたします

数量限定ですので、
お早めに

IMG_3350.jpg

かつて
地中海世界と中国〜日本を結ぶ
壮大なシルクロードの主役として
人類とともに歴史をつくり、

はたまた
スペースシャトルに乗っては
貴重な実験データを人類に提供し、

そして現在
わたしたちのペットである
爬虫類・両生類・小動物の食欲を満たしてくれている
このお蚕さま(シルクワーム)に対し、
「人類にもっとも貢献した虫」
の称号を捧げたいと思います
あくまで個人的・独善的見解ですが(笑



posted by カメレオン・ハート at 03:19| 和歌山 ☁| Comment(0) | シルクワーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする