2017年09月21日

ヒョウモントカゲモドキベビーのでべそ

エクリプスジャイアントの2匹目の赤ちゃんが
生まれました

ハッチ後すぐの画像です
IMG_6954.JPG

お腹のあたりをよく見ると・・・

IMG_6956.JPG

でべそですね〜

でも数分後には・・・

IMG_69851.jpg

ポロッと
取れちゃいました(笑

爬虫類にも実はおへそがあることを
知らない方が意外に多いですね。
(成長するにつれ塞がることが多いので)

魚類や両生類とは一線を画すもの。
それがおへそです。

おへそは大きな括りで
我々哺乳類と爬虫類が同じ仲間であることの
刻印のようなものですね。

posted by カメレオン・ハート at 03:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

国産ブルーノシベ

今回は♂1、♀1の限定ですが、
国産ブルーノシベの販売情報です。

まずは♂の画像
IMG_7086.JPG
IMG_7085.JPG

まだ発色し始めですが
親・兄弟と同様の
すばらしいブルーノシベに成長すると思います。

次は♀
IMG_7068.JPG
IMG_7065.JPG

残念ながら
♀はすぐに売約となってしまいました。

実物を見に
お店へぜひお越しください


<追伸>
♂も売約となりました。
ありがとうございました。


posted by カメレオン・ハート at 01:32| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

お待ちかねのエボシベビーズ♪

久々のエボシカメレオン・ベビーズの入荷です。

エボシのベビーたちは
とっても活発なので
急にお店がに賑やかになった感じです

少し育ったかわいいサイズですが、
よく食べ、よく飲み
とても状態のよいベビーたち

IMG_7050.JPG

エボシベビーは
できるだけ早く大きくしてあげるのが
育成のコツですが、
それにはエサとして
コオロギにプラスして
やっぱりシルクワームを使うのがとても有効です。

IMG_70521.jpg

楽しくもドキドキの
カメレオンライフを始めてみませんか?


posted by カメレオン・ハート at 22:29| 和歌山 ☁| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

透明標本でわかるカメレオンの骨の秘密

少々ショッキングな画像ですが、
下はサンプルとしていただいた
エボシカメレオンのベビーの透明標本です

IMG_70221.jpg

普通の骨格標本は
骨だけで肉がないため
身体全体の中での骨の位置関係がわかりません。

その点、透明標本は
表皮を残したままで
骨や軟骨がブルーやパープルに鮮明に着色されるため
全体像が把握できます。

今回のエボシのサンプルでよくわかるのは
カメレオンの最大の特徴である
喉元の舌骨とそれを連結する骨の関係

IMG_7023.JPG

画像ではわかりませんが
のど元にU字状の骨があり
それに舌骨がつながる構造です。

透明標本によって
カメレオンの舌を動かしている
骨の連結の構造と
身体全体の中での位置関係を目の当たりにすることは
なんだか創造主が創り出した生物の設計図の秘密を
覗いてしまったような気分です。


************************

【透明標本について】
透明標本は死亡後の個体を冷凍保存して製作します。
亡くなった生物には
気の毒な気もしないではありませんが、より深く爬虫類・両生類のことを知り、
飼育に活かすための1つのアイテムであることは間違いありません。

サンプルはお店に置いていますので
ご興味のある方にはお見せすることができます。
ご希望の方がもしおられれば透明標本の製作代行もいたします。
高価な薬品と技術と製作に3か月以上の日数が必要ですので費用は結構高いです。
今回のサンプルの例で言うと
高さ約12cm幅4cmの標本で約3万円くらいかと思います。

詳細はお問い合わせください。

posted by カメレオン・ハート at 23:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | カメレオンの舌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

人気の赤目♪

最近、ヒョウモントカゲモドキでは
フルレッドアイのお問い合わせが多いような気がします。

画像はベルアルビノとエクリプスを用いた
RADAR(レーダー)の♀

IMG_6975.JPG

画像ではなかなか伝わりませんが、
滲むような赤目です。

レーダーの♂もそろそろ繁殖OKサイズ
IMG_6979.JPG
他のモルフとの交配もgoodですね

ますます楽しみの多いレオパです

posted by カメレオン・ハート at 21:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ピンクのヘビ

ピンク色のヘビというと
なんだか夢にでも出てきそうですが、
それに近いコーンスネークのベビーがやってきています。

IMG_6970.JPG

コーラルピンクスノー

化粧品の流行色みたいなネーミングですね。

名前の由来は
どうやら桃色珊瑚のようですが
かなり魅力的な体色をしています。

当店では
ヘビはどちらかというと
女性のお客様の方が多いような気がします。
コーラルピンクスノーは
特に女性に人気が出そうです


posted by カメレオン・ハート at 05:06| 和歌山 ☀| Comment(0) | ヘビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

パーソンカメレオンとのコミュニケーション

パーソンカメレオンとのコミュニケーションのコツは
こちらのペースでなく、
あちらのペースに合わせてあげることですね。

普段の〜んびりと
ケージの中で過ごし
あまり外には出たがらないパーソン君たちですが、
たまに外の世界で遊びたくなることがあるようです。


他の爬虫類の
10倍くらい時間軸の長い?パーソンカメレオンと付き合っていると
こちらの寿命も
なんだか長くなるような気がします


posted by カメレオン・ハート at 01:35| 和歌山 ☀| Comment(0) | パーソンカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

アキレスとヘルマンリクガメ

ヘルマンリクガメのよく育ったベビーたちが
入荷しています。

IMG_6893.JPG

ヘルマンリクガメは
とても活発でよく動き回り
丈夫で飼いやすいことから
「もっとも初心者に向いたカメ」と言われるのも
よくわかります。

IMG_6891.JPG

カメさんは昔から「歩くのがのろい」と
決まっているわけですが
実際は結構スタコラ走るように歩きますよね。
ケージの外で遊ばせたりすると
いつの間にか見失ってしまうことがよくあります。

カメが実は足が速い生き物であることは
ギリシャ神話にも逸話が出てきます。

『あるところにアキレスと亀がいて、2人は徒競走をすることとなった。しかしアキレスの方が足が速いのは明らかなので、

亀がハンディキャップをもらって、いくらか進んだ地点(地点Aとする)からスタートすることとなった。

スタート後、アキレスが地点Aに達した時には、亀はアキレスがそこに達するまでの時間分だけ先に進んでいる(地点B)。

アキレスが今度は地点Bに達したときには、亀はまたその時間分だけ先へ進む(地点C)。

同様にアキレスが地点Cの時には、亀はさらにその先にいることになる。

この考えはいくらでも続けることができ、結果、いつまでたってもアキレスは亀に追いつけない。』


有名な「アキレスと亀のパラドックス」ですね。


カメを逃がしてはいけませんよ。

絶対に追いつけないので(笑


ヒガシヘルマンリクガメの生息地域は

バルカン半島。

バルカン半島の南に位置するのがギリシャです。


「アキレスと亀」の神話のモデルは

もしかしたらヘルマンリクガメだったかもしれません。



posted by カメレオン・ハート at 03:26| 和歌山 ☔| Comment(0) | リクガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

ハイビノ誕生

昨日、累代繁殖している
ヒョウモントカゲモドキ ハイビノの
赤ちゃんが生まれました

IMG_6828.JPG

下は♀親です

IMG_1859.jpg

ベビーの頃の
焦げ茶色のバンド模様は
1か月もすると淡い色に変化し、
いずれ親とそっくりのハイビノになります。

IMG_6830.JPG

卵から出てきた
その日の晩には
早速コオロギに食い付いた
元気なベビーちゃんでした


posted by カメレオン・ハート at 07:36| 和歌山 ☀| Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

個性豊かなガーゴイル

ガーゴイルゲッコーの
かわいいベビーたちが入荷しています。

オレンジスポット@
IMG_6767.JPG

オレンジスポットA
IMG_6785.JPG

マーブル
IMG_67811.jpg
オレンジ&ホワイトストライプ
IMG_6791.JPG

色合い、模様が
ほんとうに個性豊かな
ガーゴイル。

その飼いやすさと人懐こさから
クレステッドゲッコーと人気を二分する
ラコダクチルス属のヒーローです。

ベビーから
飼育してみませんか?


posted by カメレオン・ハート at 08:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする