2020年09月24日

脱皮の奥義

動画は
脱皮の皮を食べる
バルバータスカメレオンモドキです


カメレオンモドキは
脱皮の皮を「食べたいから食べている」のか?
それとも「早く脱皮したくて食べている」んでしょうか???


ここで脱皮についてのおさらいです。

脱皮とは古くなった表皮の角質層を脱ぎ捨てて
また新しい角質層で表皮を覆う新陳代謝のこと。

この角質層は
「ケラチン」というタンパク質でできていて
人の毛髪や爪にも多く含まれています。
(髪の毛や爪を燃やすと不快な臭いがするのは
このケラチンに含まれる硫黄分のせい。)

つまり爬虫類の表皮は
人の髪の毛や爪で覆われているようなものなのですね。


面白いのは
動画のカメレオンモドキのように
自分の脱皮の皮を積極的に食べる種と
そうでもない種がいること。

特にヒョウモントカゲモドキが
食べながら皮を脱ぐシーンはよく見かけますね。

カメレオンやヘビも時々食べますが
積極的に食べるというわけではありません。


種によって違いがあることも理由がよくわかりませんが
「脱皮の皮を食べる行為」を
もし「食べたいから食べる」のだと仮定すれば・・・

先の「ケラチン」には
動物が体内で合成できないため
食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸が含まれていることが
関係しているのかもしれません。

つまり自分の体内で作れない「ケラチン」が
不足するのを防ぐために食べている???


「脱皮」1つとってみても
なかなか奥が深そうですね。


posted by カメレオン・ハート at 08:20| 和歌山 ☁| Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

ブルーバーアンビローブのハッチ

ブルーのラインが美しい
パンサーカメレオン アンビローブのハッチが
始まっています。

IMG_0504.JPG

♂親の画像です

IMG_4092.jpg
IMG_4088.jpg

生まれたのは
まだ2匹のみ。

その後なかなかハッチが続いてくれず
生まれたベビーもちゃんと育ってくれるかわかりませんので
現在ご予約はお受けしていませんが、
うまく行けば数ヶ月後に
販売できるベビーも出てくるかも知れません。

あまり期待せずに
お待ちください^^;

posted by カメレオン・ハート at 08:35| 和歌山 ☁| Comment(0) | パンサーカメレオン アンビローブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

エボシの妊娠色

カメレオンの面白い特徴の1つに
「妊娠色」というのがあります。

下はエボシカメレオン♀の
交配前(左)と交配翌日(右)の
体色の比較画像です。

1IMG_05311.jpg

明るい黄緑色だった地色は
ブルーがかった濃いグリーンに変わり、
横腹には古代文字のようなイエローの不思議な模様と
ブルーとピンクの斑点が現れています。

IMG_0584.JPG

これがいずれ
満天の星空のような体色と模様に変わることも・・・

産卵までのしばらくの間の
♀の変化を観察するのも楽しみの1つです^^


posted by カメレオン・ハート at 09:35| 和歌山 ☁| Comment(0) | カメレオンの体色と変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

「あの血統」のエボシ交配♪

昨日、当店では珍しく
エボシカメレオン
交配を行いました。

IMG_0526.JPG

この血統は
以前このブログで記事にした
「エボシは気性も遺伝する?」
でも登場した
「気性の大人しい」血統の中の1ペアです。

このペアは
その持って生まれた「大人しい気性」を遺憾なく発揮してくれて(笑
♂も♀も怒るでもなく威嚇するでもなく
お見合いさせたとたんに
瞬殺でスムースに交尾に至りました。


そして交尾後も・・・

IMG_0531.JPG

何事もなかったように
2匹仲良く大人しく同居継続。

うまく産卵してハッチしたら
一体どんな子たちが生まれるか・・・???

またまた楽しみが増えました^^

posted by カメレオン・ハート at 04:04| 和歌山 ☀| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

トランス系フトアゴ入荷情報

アメリカとヨーロッパ生まれの
フトアゴヒゲトカゲ トランスルーセントのベビーたちが
入荷しています。

まずはこれから発色の予感の
オレンジ系トランス

IMG_0492.JPG
IMG_0486.JPG

次はこのサイズで既に
べったり赤の乗ったレッドトランス

IMG_0409.JPG
IMG_0473.JPG

そしてクリアな発色が期待できる
ハイポトランス

IMG_0421.JPG
IMG_0420.JPG

いずれもかわいい黒目です。


ハイクオリティな
厳選ベビーたちを見にお越しください



posted by カメレオン・ハート at 03:14| 和歌山 ☀| Comment(0) | フトアゴヒゲトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

Mississippi

小さくて丸っこくてとってもかわいい
ミシシッピニオイガメのベビーが
久々に入荷しています。

IMG_0384.JPG

ミシシッピ「Mississippi」と言えば
中学校の時、英語のスペルの問題でよく出ましたね。

iが4つ、sが4つ、pが2つの特異な綴りなので。


村上春樹の「カンガルー日和」の中の
短編小説「眠い」で、

「ねえ、ところで『ミシシッピ』という単語には本当に4つも s が入っていたっけ?」
「知らないわ、そんなこと」と彼女は言った。
彼女の首筋には素敵なコロンの香りがした・・・

なんてくだりがありました^^


それはさておき
「ミシシッピニオイガメ」という名前は
日本でしか通じず、
現地のアメリカでは
“Stinkpot”や“Common Musk turtle”と呼ばれます。

“Stinkpot”は
「臭い壺」という意味ですが、
これはミシシッピニオイガメが
危険を感じると後肢にある臭腺から臭いのある分泌液を出すことから
名付けられています。

ただし、飼育下でこの匂いを嗅がされることはまずないので
ご心配なく。
(少なくとも私は経験ありません。)

和名を付けるとき
英名をそのまま訳されなくて
本当によかったとつくづく思う次第です。

IMG_0387.JPG

posted by カメレオン・ハート at 08:55| 和歌山 ☁| Comment(0) | 水生ガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

暗闇の中の色とりどりの世界

先日は
マモノミカドヤモリのお食事風景をUPしましたが
今回は「眼」について。

まずはマモノミカドヤモリの
虹彩と瞳孔の変化を
ご覧ください。

@フラッシュ撮影した際の虹彩と瞳孔
注)フラッシュ撮影はヤモリにとってあまりよいことではありません。

IMG_0357.JPG


A日中、明るい場所でコオロギを食べている時の虹彩と瞳孔

IMG_0349.JPG


B少し暗くなった時の虹彩と瞳孔

IMG_0355.JPG


Cほぼ暗闇の中での虹彩と瞳孔

IMG_0361.jpg


@→A→B→Cと暗くなるにつれて
縦長の瞳孔が大きく拡がって行く様子がわかります。

暗闇の時の瞳孔は丸く可愛らしく
日中の眼とはかなり印象が変わりますね


マモノミカドヤモリに限らず、
全てのヤモリの虹彩は人間のそれと同じように
その径を変化させることで
瞳孔に入る光の量を調節しているのですね。

・・・・・と、
ここまではよく知られた
哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類全てに共通した
「虹彩の役割」についてのお話です。

そして、ここからが今回の本題。

Cの画像の
「黒い大きな瞳」
には世界はどう見えているか・・・???


スウェーデンのランド大学のリナ・ロス博士(Lina S V Roth)率いるチームは

「夜行性のヤモリの眼は人間の350倍もの感度を持っていて、
暗い所でも色を見分けることができる。」

との実験結果を発表しています。(2004年)

興味のある方はコチラへ


「夜行性のヤモリは闇の中で色を見分けることが出来る」

実験内容の難しいことはわかりませんが、
Cの丸く可愛らしいマモノミカドヤモリの瞳は
私たち人間が見ることのできない
「暗闇の中の色付きの世界」を見ていることは
間違いないようです。


暗闇の中の幻想的な色とりどりの世界


一晩だけヤモリになってみたいと
思うのは私だけ?^^

posted by カメレオン・ハート at 23:22| 和歌山 ☀| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

マモノミカドヤモリのお食事風景♪

画像は
樹皮の緑や赤茶けた地衣類に
見事に擬態した体色を見せてくれる
マモノミカドヤモリです

IMG_0322.JPG

この個体は
ニューカレドニア本土である
メインランド産
USCB♂。


クレステッドゲッコーやガーゴイルゲッコー同様、
環境変化に少々敏感で
ケージのレイアウトなどをいじったりすると
数日食べなくなったりする場合もありますが、
環境に馴れて、飼育者との信頼関係ができると
ちゃんとピンセットからも食べてくれるようになります。

画像の♂は
現在、2日に1回
コオロギやデュビアを2〜3匹づつ食べています。

それではお食事シーンをどうぞ


ニューカレドニアには
本当に魅力的なヤモリが多いですね〜


posted by カメレオン・ハート at 09:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

ナタリア様のお食事風景

ナタリアクシトカゲの
お食事シーンです


現在、2日に1回、
コオロギやデュビアを
5匹ほど食べています。

前回の記事で
「自然下では地面に時々降りて
ミミズなどをムシャムシャ食べている・・・」

と書きましたが、
飼育下でも
やはりよくケージの下に降りて
眠っていたりします。

半樹上性って感じ。

大きなたてがみ(クシ状のトゲ)の
厳つい外見にしては
性格も比較的穏やか。

「ナタリア様」
っと呼びたくなる
凜とした風貌のトカゲです(笑


posted by カメレオン・ハート at 08:44| 和歌山 ☁| Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

カメレオンウォーク〜歩く擬態〜 

カメレオン特有の行動の1つ、
ゆらゆら前後に揺れながら歩く
「カメレオンウォーク」の
ワンシーンです


飼育経験のある方ならよくご存知の通り、
カメレオンが必ずこの歩き方をするわけではなく
どちらかというと
珍しいシーンになるかと思います。

このいわゆる「カメレオンウォーク」は
小型種やベビーの頃に
多く見られます。

また、リラックスしている時には
「普通に」歩き、
緊張したり、何かに警戒している時のみ
「揺れながら」歩くことが多いようです。

上の動画のエボシカメレオンのベビーは
動画撮影をしているスマホに警戒していたようですね。


身に危険を感じた場合、
一般にはどんな行動を取るかのが普通か・・・?

@さっさと逃げる
A物陰にじっと身を隠す
B攻撃の準備をする
のいずれかですよね。

ところがここがカメレオン特有で可愛いところ。
まどろっこしいほどに
ゆらゆら揺れながら
一歩進んでは半歩下がるようにして逃げようとするのです。
(身体を細くして枝に隠れる場合もあります)

でも一見不合理に見えるこの行動にも
彼らには彼らなりの理由があるようです。

実は自然下の木の葉や草が風で揺らぐ環境では
「動かないものの方が目立つ」ということ。

つまり
この「カメレオンウォーク」は
「揺れることで、揺らぐ自然に溶け込むように擬態している」
ということでしょう。

ではどうしてこの歩き方は
通常、小型種やベビー時に限られるのか・・・?

やはりこれは
反撃する能力を持たない「弱さ」故に
身に付けた行動ではないか?

ひたすら
揺らぐ自然に擬態しながら
害敵に気付かれないよう
こっそり逃げる戦略。

愛おしい
命の営みではありませんか!^^


posted by カメレオン・ハート at 04:26| 和歌山 ☁| Comment(0) | カメレオン面白生態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする