2019年11月17日

キリストトカゲ

画像は
成長すると頭と背中、尻尾に現れる
大きなクレストが非常に印象的なトカゲ、
グリーンバシリスクのベビーです

IMG_7079.jpg

その奇怪な姿から
空想上の怪物バジリスクに
その名をいただいた
グリーンバシリスクですが、
もうひとつ
このトカゲの特徴に
「水の上を走る」
というのが有名ですね。

このことから
棲息地の南米では
湖の上を歩いたと言われるキリストにちなんで
「イエス・キリスト・トカゲ」
と呼ぶのだそうです。

怪物と神様が
一体化したトカゲ。

なかなか魅力的だとは
思いませんか?(笑

posted by カメレオン・ハート at 09:22| 和歌山 | Comment(0) | イグアナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

フリンジヘラオヤモリと逆さまの訳

だとばかり思っていた
フリンジヘラオヤモリの1匹が
に化けて
ペアになりました

下の画像左が、右が

IMG_6660.jpg

IMG_6532.jpg

IMG_6539.jpg

繁殖にもぜひチャレンジしたい
フリンジヘラオヤモリ ペアです。


さて、
フリンジヘラオヤモリの面白い生態の1つは
1日のほとんどを
逆さまに張り付いていること。
(一番上の画像)

人間であれば
頭が痛くなって
長時間逆さまの状態には耐えられません。

これは
大量の血液が頭に流れ込むから。

コウモリが逆さでも平気なのは
体重が軽いからなのだそう。

フリンジヘラオヤモリは
決して体重が軽いわけではありませんが
頭の比率が大きいので
大丈夫なのかもしれません。

また、
コウモリが逆さまにぶら下がるのには
それなりの理由があるようで、
「もし頭を上にしていたなら
飛び立つときに筋肉を収縮させなければならず
余計なエネルギーを消費することになるから」
という説があります。

つまり省エネで楽だから。

この説は
フリンジヘラオヤモリにも
当てはまりそうです。

確かに餌を見つけると
地面へ向かって
飛び降りる習性がありますから。

重力を使えば
余計なエネルギーを消費せずに済む。

これは生物の中の
一部の種が身に付けた
省エネ狩猟法
なのかもしれません。


posted by カメレオン・ハート at 09:28| 和歌山 ☀| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

ベタなれ!大きなサバンナモニター入荷情報

サバンナモニター
2019年生まれのベビーたちが
順次お迎えされて行き、
ヤングサイズが2匹残っていましたが、
昨日、2016年生まれの
大きなアダルトが追加入荷しました。

IMG_7117.jpg

恐竜顔のこの威厳ですが、
非常に大人しく
もちろん威嚇や噛み付きなどまったくなし。

IMG_7115.jpg

よくなれたオオトカゲを飼いたい方に
お薦めです


posted by カメレオン・ハート at 08:27| 和歌山 ☀| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

初めてのねこドア♪

今回は
爬虫類・両生類の話題は
ひと休みして
我が家の飼い猫の
はなまるの登場です


はなまるが
リビングのドアを自由に行き来できるように
今日、ドアをリフォームしてもらいました。

さて、初めて
「ねこドア」見たはなまるは・・・???


パチパチパチ

お利口さんでした〜(笑




posted by カメレオン・ハート at 22:57| 和歌山 ☀| Comment(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

ホカケトカゲと「帆」の役割

ハルマヘラホカケトカゲ
ベビーが入荷しています。

IMG_7051.jpg

このトカゲの特徴は
なんと言っても
成長につれ現れる大きな帆のようなクレスト。

和名のホカケトカゲ
英名のGreen sail finned lizard(sail=帆、fin=ひれ)
の由来となっています。

IMG_7052.jpg

帆掛け船の「帆」は風を受けるためのものですが、
では、ホカケトカゲの「帆」は
一体何のためにあるんでしょうか?

一説によるとそれは
熱の吸収と冷却の役割
なのだそうです。

確かに身体の表面積を大きくすることで
日光をより多く受けることができますね。

しかも「帆」は薄く軽いので
より効率よく
身体を温めることができそうです。

逆に暑過ぎる場合は
「帆」を風にさらすことで
ラジエーターのように身体を冷やし
オーバーヒートを防ぐことができる・・・

おそるべし「帆」の役割

♂の「帆」がより発達することを考えると
♀へのディスプレイの意味もあるかもしれません。

より大きい「帆」を持つ♂は
もしかしたら
モテモテなのかもしれませんね

posted by カメレオン・ハート at 23:40| 和歌山 | Comment(0) | アガマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

ケヅメの赤ちゃん♪

ケヅメリクガメの赤ちゃんが
入荷しています。

野菜をモリモリ食べる様子です


ケヅメの成長は本当に早く
半年もすると
グ〜ンと大きくなっていると思います。

その分
カルシウムが不足しがちなので
野菜には毎日カルシウムの添加が必要です。


ケヅメは日に日に大きくなる成長の様子を
目で見て楽しめるカメさんですね

posted by カメレオン・ハート at 09:14| 和歌山 ☁| Comment(0) | リクガメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

ノシミチオ クイズに出る

昨日30日 19時〜の
TV朝日「くりぃむクイズ ミラクル9」
カメレオンのクイズも
ちょこっとだけありましたね。

ご覧になりました?

当店生まれの
パンサーカメレオン ノシミチオの
動画も登場しました

IMG_6967.PNG

イエローからグリーンに
じわっと変化する様子を
「早送り」でほんの数秒のオンエア。

一瞬でしたが
お役に立ててよかったです

posted by カメレオン・ハート at 01:49| 和歌山 ☀| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシミチオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

エボシカメレオンベビーズ入荷情報

可愛いエボシカメレオンのベビーズが
入荷しています。

まずは元気に遊ぶ男の子チーム

IMG_6885.jpg
IMG_6887.jpg

お次は女の子チーム

IMG_6897.jpg

この子は
ブランコみたいに遊んでいます

IMG_6891.jpg

とても活発で
見ていて飽きない赤ちゃんたち。

エボシの成長はすこぶる早いので、
ベビーの愛らしさを味わえるのは
この時期だけです



posted by カメレオン・ハート at 00:33| 和歌山 ☁| Comment(0) | エボシカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

フトアマガエル入荷情報と飼育環境

漫画の主人公に出てきそうな
キラキラ瞳が可愛いフトアマガエル
ベビーが入荷しています。

IMG_6804.jpg

身体にランダムに付いている
白い斑点もなんともオシャレ

IMG_6799.jpg

成長すると
最大8〜10cmほどになる
大型のカエルです。

IMG_6812.jpg

「アマガエルにしては乾燥系」
とよく言われるこのカエルですが、
飼育環境を考えるに当たっては
やはり棲息地の気候が参考となります。

フトアマガエルは
別名メキシコフトアマガエルと呼ばれる通り、
メキシコの太平洋岸辺りに棲息しています。

海外のサイトで
ソノラ州アラモス
道路の真ん中で撮影したという
フトアマガエルの画像を見つけましたので
ピンポイントで
このアラモスの年間の気候を調べてみると・・・

アラモス.jpg

アラモスは
年間通じて温暖ですが、
夜間は平均10℃を下回る月もあります。

7〜9月が雨期
その他はほぼ乾期と言えるでしょう。

このカエルが乾燥系と言われる所以ですね。

卵からオタマジャクシとなり、
上陸するのは
当然7〜9月の雨期のはずですから
ベビーのうちの飼育環境は
温度高め
湿度高め
がよさそうです。

そして
成長すれば乾燥気味
がよいかもしれません。

あくまでご参考程度に
ですが。。。

posted by カメレオン・ハート at 08:52| 和歌山 ☀| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする