2020年05月27日

サソリモドキ

怪獣映画のスクリーンから飛び出して来たような風貌の
奇虫の入荷です

IMG_9279.jpg

ヒヨケムシ・ウデムシと並んで
世界三大奇虫の1つと言われる
テキサスジャイアントビネガロン

「ビネガロン」って
まさにウルトラマンに出て来そうですね。

日本ではサソリモドキと呼ばれます。

あくまで「モドキ」であって、サソリとは別種なので
毒はありませんが、
尻尾の付け根から
85%の酢酸からなる酸っぱい匂いの物質を噴霧するらしいです。

でも、余程身に危険が迫らない限り
この最終兵器を使うことはないようです。
(この攻撃にあってひどい目に遭ったという話は聞いたことがありません)


IMG_9281.jpg

サソリみたいな大きな鋏が特徴の1つですが、
この独特の尻尾もひときわ目を引きますね。

英名ではwhip scorpion(鞭サソリ)とも呼ばれ
この面白い尻尾を
鞭になぞらえています。

厳つい鋏と
近付くと鞭でぶたれそうな
恐ろしい怪獣のイメージとは裏腹に
性格は穏やかで動きも緩慢。

ちょっと風変わりなペットを飼ってみたい方に
オススメです


posted by カメレオン・ハート at 05:59| 和歌山 ☔| Comment(0) | 昆虫・奇虫・甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

アマビエ

ビバリウムガイドの新刊
No.89が出ました。

ん?
表紙がいつもとなんか違う・・・???

よ〜く見ると
なんと「アマビエ」ではありませんか

アマビエは
今もっともホットなキャラクター(?)ですね。

IMG_9156.jpg

「アマビエ」についての
詳細は他に譲りたいと思いますが、
アマビエはみなさま最近よく耳にされる通り、
疫病を鎮めるとされる
半人半魚の妖怪のこと。

妖怪とは本来、
どちらかというと人間に災厄をもたらす存在であるにも関わらず
疫病を鎮める神様として
伝えられている点が
とても興味深いところです。

善悪二元論の一神教的世界観をもつ西洋とは違って
多神教的世界観の
いかにも日本的なお話ですね。

八百万の神や妖怪が
いたるところに遍く存在する日本。

そういえば
コロナの致死率が西洋諸国と比べて異様に低いのは
もしかしたらアマビエのお陰だったりして?^^


posted by カメレオン・ハート at 21:06| 和歌山 ☁| Comment(0) | 飼育アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

土を作り、骨を作る生き物

妙なタイトルになりましたが、
ワラジムシのこと。

ワラジムシは土を耕し、
森の土壌に酸素を供給しています。

わたしたちが知らない闇の世界で
日々ひっそりと
森の土壌を作ってくれているのです。


そして、爬虫類・両生類の飼育の世界では
身を呈してカルシウムを提供し、
生体の骨を作ってくれます。

いわば「歩くカルシウム」ですね。


餌としてばかりではありません。

ほとんど隠れることなく
歩き回ってくれて
見ていて飽きないため、
ペットとしても人気です。

バラエティも結構豊富。

世界中には
5000〜7000種もいるのだそうです。

今回入荷したのは
そのうちの4種

@ホソワラジムシ(定番種)

20190212_c5d234.jpg

Aオレンジホソワラジムシ
(キューバワラジムシ)

IMG_9148.jpg

Bダルメシアンクマワラジムシ

IMG_9150.jpg

Cキルギスオオワラジムシ

IMG_9144.jpg

よく「虫酸が走る」と言いますが、
足がいっぱいあって
ウジャウジャ歩き回るワラジムシも
よ〜く見ると可愛らしく
愛着が湧いてくるから不思議です。

何より我々にとっては
何の害もない平和的な益虫ですから。
(分類上は虫ではなく甲殻類ですが)



posted by カメレオン・ハート at 05:33| 和歌山 ☁| Comment(0) | 昆虫・奇虫・甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

梅雨入り間近〜花とカメレオンアーカイブ6〜

今朝、車に乗ろうとしたところ・・・

ふと、小さな生き物が視線に

IMG_9037.jpg

IMG_9038.jpg

踏まなくてよかった。


気が付けば
今年も
もうじき梅雨ですね〜


kako-bgc6lCU4GVb4unSi.jpg

コロナ一色の2020年前半。

雨が
すべての穢れを洗い流して
清々とした後半が
やって来ることを願います。

posted by カメレオン・ハート at 02:16| 和歌山 ☔| Comment(0) | 花とカメレオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

サバンナモニターの赤ちゃん

毎年、3〜4月頃になると
当年生まれのサバンナモニター
西アフリカからやって来ます。

いわゆるFH(Farm Hatchedファームハッチ)と呼ばれる個体で、
野生個体の卵を採集し、
現地のファームで繁殖させたベビーたちです。

IMG_8510.jpg

当店には
「モニタン」という名前を付けられた
触れ合い用に飼育している3歳のサバンナモニター君がいて
これが非常に大人しく
来店者に大人気

IMG_7117 (1).jpg

「モニタン」のこの大きな身体からは
想像も付かない小さなベビーたちが
仲良く?お食事をしている1シーンをどうぞ


2ヶ月もすれば急激に大きく成長するベビーたち。
かわいいサイズから育てられるのは
毎年この時期だけです。


posted by カメレオン・ハート at 03:48| 和歌山 | Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

タピオカ

うそみたいなホントの話ですが、
バジェットガエルことマルメタピオカガエルの名前は
あの「タピオカ」にちなんで付けられています。

IMG_8982.jpg

確かにタピオカみたいなまん丸い目が
ヒラメみたいに真上に付いていて
あまりのユニークさに
いつ見てもつい笑ってしまいます^^


ユニークさは顔や風貌だけでなく
餌を食べる姿もなかなかのもの


癒やし系両生類として
昔から定番人気種のカエルさんです



posted by カメレオン・ハート at 09:26| 和歌山 ☀| Comment(0) | 水生ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

4億年を生き抜いてきた生き物

動画は
ジャイアントデザートヘアリースコーピオン
コオロギに毒針を刺すシーンです


次の動画は
毒針を使わずに
コオロギの逆襲を防ぎながら
捕食するシーン


触肢と呼ばれるハサミで
コオロギにダメージを与えてから、
今度は鋏角と呼ばれる口元のハサミを
うまく使って美味しそうに食べていますね。


最古の化石は
約4億4000万年前のシルル紀まで遡るサソリ。
恐竜よりも遙か2億年以上先輩の生き物です。

代謝速度を低下させる能力により
1年間何も食べずに生存可能、
放射線に対する強い耐性など
なるほど4億年以上も生き残って来られたこともうなずけます。

改めてよく見れば
進化の最終形とも言える
ムダのないフォルムと機能美に感動すら覚えます。

コロナでガタガタの人間は
まだまだ進化の途中の幼い生物ってことでしょうか。


posted by カメレオン・ハート at 03:54| 和歌山 ☀| Comment(0) | 昆虫・奇虫・甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月06日

アルー諸島の黒い真珠♪

画像は
一瞬、自転車のタイヤか?と思うような
真っ黒でシャープな体型と長〜い尻尾がカッコイイ
ブラックツリーモニターです。

IMG_8894.jpg

別名クロホソオオトカゲ

この光沢のある漆黒のツリーモニターは
ニューギニアとオーストラリアの間に位置する
アルー諸島にしか生息しない
固有種です。

IMG_8899.jpg

アルー諸島は
真珠の養殖がさかんな島だそうです。

黒真珠のような
怪しい光沢を放つ
ブラックツリーモニター。

「自転車のタイヤ」はあまりにひどい例えなので
「アルー諸島の黒い真珠」
と訂正しておきます(笑


posted by カメレオン・ハート at 03:37| 和歌山 ☁| Comment(0) | オオトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

ヒキガエルのオタマ上陸

画像は先日採って来ていただいた
和歌山県産のヒキガエルのオタマです

IMG_8914.jpg

そろそろ上陸するのでは?
と思っていたところ、
運良くその様子を撮影することができました


今年ももうじきカエルの季節。

幸か不幸か
今年は自宅でのんびりカエルの合唱を聴く機会のある方が
多いかもしれませんね〜


posted by カメレオン・ハート at 23:17| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

赤いフトアゴ

当店でベビーからキープしている
赤いフトアゴヒゲトカゲの紹介です

まずは
レッドハイポ♀

IMG_8835.jpg

次は
レッドトランスルーセント♂

IMG_8845.jpg

そして
オレンジハイポ♀

IMG_8853.jpg

いずれもブリードにはもう一歩の
ヤングサイズです。

繁殖を目指す方にオススメです

posted by カメレオン・ハート at 02:47| 和歌山 ☀| Comment(0) | フトアゴヒゲトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする