2019年06月22日

G-SHOCKとミルキーフロッグ

下はもう10年以上?
使っていないG-SHOCKです。

ミルキーフロッグが久々に入荷したので
しまい込んでいたG-SHOCKを探し出して撮影しました

IMG_5071.jpg

なぜかと言うと
昔、ミルキーフロッグがG-SHOCKのデザインのモデルになった
というニュースがあったことを思い出したから。

調べてみると
G-SHOCK GW-200CF-7JF ブラジリアン フロッグマン
という機種でした。
(もう生産終了してしまっているようです)


そう言えばG-SHOCKには
FROGMAN (フロッグマン)シリーズがありますね。

デザイナーさんに
カエル好きがおられるんでしょうか?(笑


数あるカエルの中でも
ホルスタイン柄のミルキーフロッグを
時計のデザインにしようと考えたG-SHOCKのデザイナーさんは
さすがセンスがいいですね

なにしろこのインパクトですから

IMG_4921.jpg
IMG_4919.jpg
IMG_4914.jpg

自然界には
売れる商品開発のヒントが
たくさん転がっているようで・・・^^

posted by カメレオン・ハート at 08:54| 和歌山 ☁| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

アメリカ系統のクレス

1994年。

それまで絶滅したと考えられていたヤモリは
ドイツ人のRobert Seipp(ロバート・サイプ)氏が率いる調査隊によって
再発見されました。

クレステッドゲッコーです。


Robert Seipp(ロバート・サイプ)さんは
自然史博物館のゼンケンベルグに勤務されていたようですが、
その後、ドイツのフランクフルトに在住し
学校の先生をされているようです。

彼のFacebookを見ると
クレスに関する論文の画像の一部も公開されています。
(ドイツ語なので全く読めませんけど)

今でも
アフリカやマダガスカル、ガラパゴスなどを旅して
動物の研究にあたっている様子を垣間見ることができます。


Robert Seipp氏による再発見後、
研究と繁殖用に持ち出された数匹のクレステッドゲッコーたちは
ヨーロッパとアメリカの両方で順調に子孫を残し、
それぞれ異なる繁殖系統が確立されました。
再発見からまだわずか25年くらいのお話です。

そして現在私たちは
その恩恵によって
この愛すべきヤモリのクレスを
ごく普通に家庭で飼育できるようになったのです。

本当にRobert Seipp氏に感謝ですね


さて、今回入荷したのは
アメリカ系統のクレステッドゲッコー

フレーム
IMG_4960.jpg
IMG_4958.jpg

フレームダルメシアン
IMG_4974.jpg
IMG_4970.jpg

私たちは
このせっかくの恩恵を
次世代に繋いで行かなければ・・・
ですね


posted by カメレオン・ハート at 08:51| 和歌山 ☁| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

宝石の瞳のカエル

下の画像は
ジュエリーのように美しいことで有名な
あるカエルの瞳です

IMG_4978 (1).jpg

そう、
メキシコフトアマガエルです

IMG_4978.jpg

ミントブルーの体色に
ホワイトのスポットがとってもオシャレ

IMG_4979.jpg

体の色を
黒っぽく変えることもできます

IMG_4955.jpg

思わず人生相談を頼みたくなるような
悟りきったこの表情(笑

IMG_4992.jpg

存在自体がなんだか愛に満ちた
ほっこり幸せな気分にさせてくれる
カエルさんですね


posted by カメレオン・ハート at 22:18| 和歌山 ☔| Comment(0) | ツリーフロッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

鳴き声♪

下は動物の鳴き声を
英語で表したものです。

さて、何の動物の鳴き声でしょう???

  1. bow wow(バウ ワウ)
  2. meow(ミャオウ)
  3. squeak(スクゥイーク)
  4. cock-a-doodle-doo(クックドゥードゥルドゥー)
  5. croak(クローク)
  6. roar(ロア)
  7. oink oink(オインク オインク)
  8. pawoo(パウー)
  9. neigh(ネーイ)
  10. quack quack(クワックワッ)
有名なものばかりなので簡単でしょ?

一応答えは下の通り

  1. ねずみ
  2. にわとり
  3. カエル
  4. ライオン
  5. あひる


では、この鳴き声は・・・?

tokay

はい!もちろん
トッケイヤモリですね。

かなり違う耳を持つ英語圏の人々と日本人ですが、
トッケイヤモリに関しては
全く同じに聞こえるみたいです。

IMG_4772.jpg

英名・和名ともに
鳴き声がそのまま名前になるほど
インパクトのある鳴き方をするトッケイヤモリ。

でも飼育下では
なかなか鳴いてくれないんですよね。
(捕まえるとグエッ!とか呻きますが^^;)

トッケイの鳴き声を聴けたら
何かいいことがあるかも・・・?です^^


今回入荷のベトナム産トッケイヤモリが
早くも卵を産み付けています

IMG_4836.jpg

かわいいベビーの顔を
ぜひ見てみたいものです。


posted by カメレオン・ハート at 23:11| 和歌山 ☔| Comment(0) | 樹上性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

カメレオンハート卒業生10〜ブルーノシベベビー〜

先日、当店から巣立って行った
パンサーカメレオン ノシベのチビチビのベビーが
こんなになりました〜っ
とお客様が画像を送ってくださいました

IMG_4824.JPG
IMG_4825.JPG

なかなかよい発色を始めていますね

これからがますます楽しみです

パンサーの飼育を
存分に楽しんでくださいne


posted by カメレオン・ハート at 00:44| 和歌山 ☔| Comment(0) | パンサーカメレオン ノシベ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

オカヤドカリと有血動物・無血動物

当店のお取り扱い生体は
脊椎動物がメインですが、
無脊椎動物も一部扱っています。

今回の入荷は
お子様に人気のオカヤドカリ

IMG_4762.jpg

貝殻の中にごく少量の水を蓄えるので
陸上での生活が可能です。

IMG_4765.jpg

脱皮しやすいように
少し厚めに砂を敷いて飼育します。

画像のオカヤドカリさんは
もうそろそろ少し大きめのおうちを
用意してあげる必要がありますね^^;


さて、表題にある「有血動物と無血動物」について。。。

この言葉は
既に死語になっていると思いますが、
結局、
有血動物(赤い血液を持つ動物)=脊椎動物
無血動物(赤い血液を持たない動物)=無脊椎動物
とほぼ同意語と考えてよさそうです。

地球上の動物を
大きくこの2つのグループに分けたのは
紀元前4世紀の哲学者アリストテレス

アリストテレスはその著書「動物誌」の中で
「有血動物」と「無血動物」を
さらに次のように分類した・・・

【有血動物】
1)人類
2)胎生四足類(哺乳類)
3)卵生四足類(爬虫類・両生類)
4)鳥類
5)魚類

【無血動物】
1)軟体類
2)甲殻類
3)有節類(昆虫類・多足類など)
4)貝類
5)最下等の植物に近い生き物(ヒトデ、ナマコ、クラゲなど)


いかがでしょう?
今からおよそ2400年も前の学者が
今でも全く違和感のない動物の分類法を確立し、
本に残したことに本当に驚かされますね。

私たち日本人の祖先が
まだ文字を持たず、
縄文式土器の制作に没頭していた時代に・・・

結局、動物の分類は
紀元前からほとんど変わっていないということです。


ちなみに「ヤドカリ」については
アリストテレスはどんな記述を残したか・・・?

「ヤドカリと称するものはある意味で軟殻類と殻皮類の両方に共通なものである。
なぜならこれは大エビの類と似た性質のものであり、
それ自身だけで(貝殻なしに)生まれてくるが
貝殻の中に入り込んで暮らすという点では殻皮類に似ているので、
したがってどっちつかずのように見えるからである。
形はだいたいクモに似ているが、
ただ頭と胴の下部がクモより大きい。
細い赤い小角が2本あり、その下には長い目が2つあるが、
中へ引っ込んだり、カニの目のように脇へ向いたりせず
まっすぐ出ているだけであって、
目の下には口があり、口のまわりにはちょうど毛髪のようなものがたくさんついていて、
その次に先の二股になった食物を口へ持っていく足が2本あり、
また別の足が各側に2本あるが3番目のは小さい。
胴の下部は全体が軟らかで、
切開してみると、内部は黄色っぽい。
口から管が1本出て胃に達しているが、排出管はよくわからない。
足と胴は硬いけれども、カニほどではない。
ムラサキガイやホラガイと同じように体が貝殻にくっついていないのですぐ離れる。」

とても紀元前の記述とは思えない観察眼

ヤドカリは既に紀元前の人類に
地球上の生物の中での正確な位置付けをされたうえ、
その秘密の多くを明かされていました。

脱帽です。


posted by カメレオン・ハート at 23:55| 和歌山 ☁| Comment(0) | その他いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

偽トマト?

昨日TVを見ていたら
本物と本物そっくりのトマトの絵を並べて
どっちが本物?というクイズをやってました。

答えはナイフでカットして
正解が判明・・・

見事騙されました



サビトマトガエルが入荷しています。

このサビトマトガエル、
なんと英名は
false tomato frog
(偽トマトガエル)

IMG_4573.jpg

おそらくイギリス人にとって
昔流通していた真っ赤なアカトマトガエル
「トマトとしては」True(本物)という認識だったんでしょうね。

IMG_4581.jpg

「偽物」の汚名を着せられた
気の毒なサビトマトガエル。

もし私が命名する権利を持っているなら
サビトマトでなく
ゴールデントマト」と和名を付けるんだけど・・・




posted by カメレオン・ハート at 09:07| 和歌山 ☁| Comment(0) | 地表性ガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

スコーピオンと毒

デューンスコーピオン
入荷しています。

IMG_4517.jpg

このサソリは
アメリカ合衆国のカリフォルニア州からアリゾナ州にかけての
砂漠地帯に棲息する中型種です。

現在のサイズは約3cmくらい。

IMG_4513.jpg

砂漠のサソリですから
いつも獲物にありつけるわけではないことを考えれば、
エサやりは
1〜2週間に1回くらいでよさそうです。

エサはコオロギがメイン。

水も気が付いた時に
霧吹きをする程度でOKです。

IMG_4514.jpg

気になる毒の方ですが、
やはりサソリなのでちゃんとあります。

でも強い毒ではないらしく
たとえ刺されたとしても
それほどひどいことにはならないようです。
(ただし素手で触ることは避けましょう)

哺乳類が刺された場合に
致命的な毒性を持つサソリは実は少なくて
約1000種類のうち
わずかに25種と言われ、
生息地域もごく限られています。

では
サソリ=猛毒=致命的
という認識が世界中に広まったのはなぜか?

それはギリシャ神話の
「英雄オリオンを殺して、さそり座となったサソリ」
の話の影響が大きいようです。(Wikipediaより)

なにしろギリシャ神話は
古代から現代に至るまで
人類に多大な影響を与え続けていますからね。


サソリに刺されて死んでしまったオリオンもまた
星座となった。

そして星座となってからも
オリオンはサソリを避け続け、
そのため
さそり座が空にある時は決して姿を現さなくなった。。。


さそり座とオリオン座が
同時に見られない理由。

荒唐無稽な神々の物語と思われる
ギリシャ神話ですが
実はとても合理的な当時の「サイエンス」を
背景に作られているようですね。


posted by カメレオン・ハート at 02:33| 和歌山 ☁| Comment(0) | スコーピオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

厳選フトアゴベビーズ♪

ハイクオリティな
フトアゴヒゲトカゲのベビーたちが
入荷しています。

まずは
将来、パステル調の美しい体色が期待できる
ハイポベビーズ

IMG_4635.jpg
IMG_4639.jpg
IMG_4628.jpg

そして
赤みの強いトラスルーセント ベビーズ

IMG_4648.jpg
IMG_4654.jpg
IMG_4663.jpg

少数ですが
いずれも状態の良い
厳選されたベビーたちです。

ぜひ見にお越しください


posted by カメレオン・ハート at 08:41| 和歌山 | Comment(0) | フトアゴヒゲトカゲ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

チワワとチワワトカゲモドキ

スティーブサイスク便の
チワワトカゲモドキCBベビーが入荷しています。
(別名テキサスバンデッドゲッコー

「チワワ」から連想される通り、
最大でも12cmほどにしかならない
小さくて可愛らしいトカゲモドキです。

IMG_4567.jpg
(♀ベビー

ただし、その小ささゆえに
「小型犬のチワワ」の名前をいただいたのか?
それとも単に
アメリカのテキサス州からメキシコ(チワワ州)にかけて生息しているから
「チワワトカゲモドキ」と名付けられたのか?
定かではありません。
(小型犬のチワワもメキシコ原産ですけど)

IMG_4571.jpg
(♂ベビー

アメリカトカゲモドキ属の1種で
飼い方は
ヒョウモントカゲモドキと同じでOK。

性格的には
同じトカゲモドキ科の仲間のキョクトウトカゲモドキ属が陰とすれば
ヒョウモントカゲモドキ属とアメリカトカゲモドキ属は陽という感じ。
飼っていて面白いトカゲモドキですね。

体型はレオパよりずっと華奢ですが、
元々過酷な乾燥地に生息しているだけあって
非常に堅強なヤモリと言われます。

小さい爬虫類が好きな方には
ぜひお勧めのトカゲモドキさんです

ワイルド個体の流通は
今後おそらくないでしょうから
ぜひ国内CB化を進めたい種の1つです。

posted by カメレオン・ハート at 03:44| 和歌山 | Comment(0) | 地表性ヤモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする